2007年02月20日

ドキュメンタリーブームと昨今の動画(映画)市場について

 予告通り、先日の「不都合な真実」関連でアメリカのドキュメンタリーブームの話。まずは以下の記事から


 米でドキュメンタリーブーム、娯楽大作しのぐ 安い製作費で手堅い利益 深い取材に評価上々(@イザ!)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/23696


 ドキュメンタリーのほうがストーリ映画よりも制作費が抑えられて手堅い収益を得られる、って話。製作段階のどの辺りでコストを削減できるのかということについて詳細は書かれていなかったけど、ストーリー作りとか「ドキュメンタリーなので派手なセットを使わなくていい」ってとこかな、と思った。てか、後者は少し語弊があるか。大作系ドキュメンタリーとインディーズ(ミニシアター)系ドキュメンタリーとでは作りが違うかもしれない。以下、引用

こうした硬派な作品が続々と登場した結果、「観客にとってもドキュメンタリーが身近なものになり、ビジネスとして成立しやすい状況になった。資料として保存したいと思う人も多く、DVDも売りやすい」(米映画評論家兼映画製作会社勤務デビット・チュートさん)環境となった。

 「DVDではける」ってところがポイントか。「製作コスト / 観客動員」というだけではなくそこにDVDの売り上げも加わる、と。
 
 たしかにおっさんになってくるとストーリーものの分かりきった仕掛けには飽きてニュースやらドキュメンタリーのほうを楽しみにするという傾向はあるかもしれない。てか、ぼくがそうなわけだが。日本だと「プロジェクトX」人気なんかに象徴されるのだろう。そしてNHKエンタープライズうはうは

 ほかに気になったところとしては以下の記述があった。

もっとも、ハリウッドで新しい作品を作り出す力が弱まっていることも背景にある。リメイクやミュージカル映画がブームなのがその表れだ。ハリウッドの王道を行く娯楽大作の魅力が、薄れつつあるのは間違いない。

 これについては大分前から言われていることで、その影響で映画産業からゲーム業界に人材が流動しているとかいう話を以前に見たことがある。「ゲームのほうが創造性を感じる」とか何とか。ゲーム業界とハリウッド映画の関係としてはタイアップというかメディアミックス的な関係もあるみたいだけど(参照)。そういうゲームは得てして面白くない。でも、「フラット化する世界」の話にあるようにフラット化によって映画産業にもガイジン部隊導入とかあるかも(ギョーカイ体質にもよるだろうけど)。



 閑話休題

 後段のこの記述も気になった。

米ブッシュ政権を批判した「華氏911」(04年)のように、ドキュメンタリーの形式を巧みに装い、明確な目的のもと、情報や世論を操作しようという作品の登場を懸念する声もある。人々が良質のドキュメンタリーに慣れ親しんだ結果、今では「華氏911」はドキュメントとプロパガンダを組み合わせた「ドキュガンダ」の元祖と揶揄(やゆ)されている。

 ある方面からは「不都合な真実」もドキュガンダの一つとして捉えられているのかもしれない。しかし視聴者もそういった文脈を承知した上でコンテンツを楽しんでいる傾向もある。「Borat」のような「ドキュメンタリー」+「エンタテインメント」(ドキュテインメント)系作品が受け入れられているのもその証左といえるだろう。


 そういや、極楽トンボのこれもドキュテインメントとして評価が高いみたい。

 極楽とんぼ問題とフェイク・ドキュメンタリーの世界(@POP2*0)
http://d.hatena.ne.jp/snakefinger/20060722/p5

 そのうち見よう。




▽ドキュメンタリーブームとネットの自主制作型動画コンテンツ市場


 「ドキュメンタリー系は制作費が安い割にエンタメ系と同等の満足感をユーザーに与える」ということからやる気とアイデアさえあればインディーズ系クリエーターにもチャンスが生まれることになる。ネットを通じて直接販売すればJASRAC的問題も迂回できそうだし。

 問題はコンテンツの流通経路とかプロモーションだけど、その辺についてはこのエントリが参考になった。個人営業のクリエーターが実際に成功しているという話。



 「あるある」捏造事件と「ミドルテール」新メディア (@Tech Mom from Silicon Valley)
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20070201/1170363561

ハリウッドの売れないプロデューサー二人が制作している、コメディ・ポッドキャストの人気番組「Ask a Ninja」(忍者のかっこうをした人が出てきて、時流ネタを面白おかしく語る)は、Revverで少々稼げるようになったと思ったら、最近ついにDVDまで出たらしい。


 Roketboomなんかもそうだけど、広告・流通などで中抜きできたら個人に入ってくる額が大きくなるな。ただ、気になるのはこのときのattentionの集め方。制作会社が不採算覚悟で持ち出して、それが偶然口コミで広まったって感じだろうか。



 まぁ、そんな感じで創作のためのコストが低くなっているので、動画市場への障壁が低くなってきているらしい。んで、そういうの見た人々も動画アップしたくなる、と。昨今のVideo blog(Vlog)、Vodcastingの活況ぶりはこういう流れなのだろう。

 で、その流れを狙ってガジェット売ったり↓


 オンライン編集ツールが生み出すビデオ制作者の新市場(@ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/05/news022.html


 でも、こういうのってプロのコンテンツ屋から見ると「ちょっと待った」って感じなのだろうか?先日のイトイさん話でもあったけど「Web2.0ってなによ?」って感じの。巷のおしゃべりを無編集で流すみたいなのに対してはプロの意識が刺激されるのかもしれない。

 そういうのに対してはこういう意見もあるけど


 草の根映像の今後?(@発熱地帯)
http://amanoudume.s41.xrea.com/2006/09/post_280.html


 「ネットユーザーにとっては1週間程度満足できる作品であればよく、その意味では1次創作でも2次創作でも関係ない」って話。

 てか、アレかコレかって話ではなくCGM的なものもプロ的なものも残っていく(選択の幅が広がる)ってことなのだろう。もしくは、ガジェットに合わせてコンテンツの尺が変化するというか。ケータイ族は短いコンテンツ(山場がいっぱいあるコンテンツ)が好きみたいだし(cf.先日のミヤダイさんの話)。


 これ関連で個人的に思うのはドキュメンタリーのようなジャーナリスティックな動画であれば著作権に関する訴訟リスクは少なくなるかもしれないということ。肖像権などの別の訴訟リスクはでるかもしれないけど、そういうのは個人間で済みそう。


 関連でこんな話もある(※詳細未読)


 The deep changes in media(@Social Media)
http://www.socialmedia.biz/2007/01/the_deep_change.html


 動画がonlineになることによって単なる足し算以上の効果を期待できる、と。たとえば、 YouTube, Citizen Journalism, video-blogging, あといろんな新興artとのマッシュアップ。動画市場はNBCを含めたold media、そこからちょっと抜けたNewscorp(MySpace)、skype(venice)、Google(YouTube)と役者が揃ってきてる。


 動画コンテンツのオンライン化についてはこの辺りの動きも興味深い。


 Live sex on-demand video coming to US hotel rooms?(@Boing Boing)
http://www.boingboing.net/2007/01/17/live_sex_ondemand_vi.html

 エロビデオ(live)のオンデマンドがホテルで見れる用になるとかどうとか(詳しく読んでない)。エロコンテンツはメディア(ガジェット)変化の旗頭になる傾向があるのでこういう動きは注目している。

 アメリカのエロ動画の市場規模はこんな感じらしい。

Americans spents $1.6 billion last year on-demand and pay-per-view video



 でも、こういうのって日本とどう関係してくるのだろうか?



▽日本映画市場との比較


「邦画ブーム」に見る、負け組逆転の可能性@Tech Mom from Silicon Valley)
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20070202/1170447851

 昨今の映画へのテレビ局による影響力(お金・人材・宣伝)へのポジティブな見解。

 「映画はパケ(DVD)売りしやすいし、TVほどの縛りがないため人材の流動性が比較的大きく名の売れた俳優でも単館系に出てくれる」、と。そういや役所さんとかもそういうの出てたな(「眠る男」)。でも、これって小栗監督だからインディーズとかでもないか。


 DVD売りについてはこの辺にエントリが続く

アニメと邦画に見る、テレビ局の立ち位置の違い @Tech Mom from Silicon Valley)
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20060808/1155010389

 「テレビ局のノウハウがDVD売りに役立ってる」って関連では以下のエントリを思い出した


 陽気な"テレビ・コンテンツ化社会"が世界を回す(後編)(@犬にかぶらせろ!)
http://mirror-ball.net/2006/12/post_90/

 主にパブリシティ主体の現行のテレビ放送についての解説。例として、「電車男」などに代表されるコンテンツの使いまわしが上げられる。んで、「DVD売りで最終利益ゲット!」、と。っていうか、いまはDVD売りを意識したコンテンツ作りになってるのかもしれない。それによるコンテンツの内容への影響としては「エロの敵」の話(cf.「DVDになってユーザーが場面場面で飛ばすため、山場ばっかりの作りになってしまった」)なんかを想起するけど、この話って前述のミヤダイさんの話とも絡むな。


 閑話休題


 邦画に関するエントリで最近気になったものとしては以下がある


 2006年度日本映画産業統計を読む(@TRiCK FiSH blog.)
http://d.hatena.ne.jp/TRiCKFiSH/20070204/p1


 全体的に興行収益に関する数値データからの細かい分析が参考になる。ネタ切れ感は日本映画にも共通しているみたい。ここで気になったのは「海猿」をニューヨークで上映したときの反応(危機的状況でケータイ使って愛を告白してるの見て爆笑)に対する考察。

NYの鑑賞者は、当然『海猿』のドラマ版を観ていない。だから劇場で日本独特のあのTVドラマ的リアリティを観て爆笑したのだ。当然起こる事態だと言えるだろう。

 「文化的差異?」っていうか「文脈の切断」って感じだけど、海外上映で売れなくても、DVDが国内ではければいいのか。あと、ハチクロ映画がヒットしなかった理由への考察も面白かった(サブカル市場の小ささ)。

 あら、松谷さんところにもDVD関連エントリあるわ(「DVDが高い理由」)。あとで見よう
http://d.hatena.ne.jp/TRiCKFiSH/20060418/p1



国内自主制作(ネット配信)系としては大きな動きはつかんでないけど、以下が気になってる。


 893239【ヤクザ23区】〜893239とは。
http://www.893239.com/what.html

 蛙男商会
http://www.kaeruotoko.com/



 前者は実写系、後者はアニメ系。ドキュテインメントの動きは見えないなぁ・・。どっかでやってるんだろうか。


 そして、こういう流れを受けて自主制作系動画が増えるかどうかだけど、これも未だ良くわかんないなぁ・・。誰かが言ってたけど、「アメリカ人とかはYouTubeに自分を中心としたコンテンツとか自分の家族とか旅行みたいなコンテンツをアップするけど、日本人は商業系コンテンツを転載する傾向がある」、っていうのもあるし。そういうのは「アメリカのblogがジャーナリスティックな内容が多いのに、日本のは日記風のが多い」、っていうのとも繋がる。

 でも、この辺はびみょーな感じがする。

 

 アメリカ人はYouTube以外のところに違法系動画あげてるだけかもしれないし、アメリカ人もジャーナリスティックな内容以外のものをblogに書きたがる傾向がある、という話もある(参照)。日本人にしてもblogで日記的なものを好むんだったらそういう動画をアップしたいという欲求はどこかに隠れているのかもしれない。単に動画アップに慣れてないだけなんじゃないだろうか(もしくは環境が整っていない)。


 まぁ、そんな感じでネットの動画状況についてはちょっと保留だけど、ニコニコ動画とかRimo(あるいはDARAQ)はけっこう面白いな。




--
関連:
「Japanese film industry's new ecosystem」(@Tech Mom from Silicon Valley)
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20061128/1164746260

※未読


Online Video Industry Index
http://www.readwriteweb.com/archives/online_video_index.php




タグ:動画市場
posted by m_um_u at 22:31 | Comment(1) | TrackBack(1) | メディアこのエントリーを含むはてなブックマーク

2007年02月18日

ミクシと2ちゃんとblogと少しおカネの話

 ITmediaに笠原氏インタビュー記事が載っていて激しく違和感を感じたのでこの機会にたまっているmixiなエントリを洗ってみることにした。

 とりあえず、トリガーはこれ


「わたし」対「わたしたち」――mixiと日本文化に挑むMySpace(@ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/16/news070.html


 ここで同氏は、「MySpace?眼中ねぇッスよ。ウチら圧倒的っしょ?なんたって"調和を尊ぶ友好的な雰囲気(ばいぶす)”っすYO」、発言をされているわけだけど、これが対外向けの煙幕じゃなくて本気だとすると空恐ろしいことだなぁ、と思った。

 確かに、ネットワークの経済性というのはデファクトスタンダードをとったものが一人勝ちになり、それがグローバルに続いていく傾向があるように思うんだけど、だからといって、『mixiの笠原社長は平然とした様子で肩をすくめてMySpaceの上陸を一蹴した。』、って何?

 同記事最後でもびみょーに匂わせているけど、mixi離れは進行中だし、MySpaceJapanは未だ勝負を始めていない。

 mixi離れの要因は大きく分けて2つある。1つはいわゆるケツ毛バーガー事件に代表されるようなmixiの安全性に対する懸念、もう1つは「mixi疲れ」という言葉に代表されるようなmixiにおけるコミュニケーションそのもの(サービス)への疑念。もう1つ付け加えるなら、1つ目の「安全性の保持」という不安要因に対してmixi運営側がとったオペレーションのまずさ(IDの無作為・無確認削除)。これは日本のネットワーカーの記憶にしっかりと残っていくだろう。

 で、冒頭に上げた記事に戻るけど、この2つの不安要因に対して何一つ答えていない。「質問されなかったから」ということかもしれないけど、NG質問に指定していたのではないか?てか、それまでのITmediaでの取材で既出だったので今回は遠慮させてもらったか。


 まぁ、mixiに対して特別な感情があるわけではないのでこの辺にしとくけど、SNS関連で上記のことは客観的に常識だと思うので記しておく(※mixi運営側がこれをmixiに対する誹謗・中傷だととるかどうかは分からないけど)。


 で、MySpaceについてだけど、湯川さんのところにインタビュー上がってたので聞いてみた。


 日記文化とは違う自己表現SNS−マイスペース香山誠氏(@湯川鶴秋のIT潮流)
http://it.blog-jiji.com/0001/2007/02/post_235e.html


 失礼ながら全体的にたいした内容ではなかったのだけれど一つだけ感心したのは、どうやらMySpaceJapanが未だ全然本気を出していないということ。現在は「翻訳がうまくいっていないページがある」などの基本機能に対する調整段階 + MySpace普及の鍵を握ると思われる音楽コンテンツの権利問題の解消を進めている段階で、それらがいちお形になるのは4月ぐらいだろう、とのこと。

 まぁ、NewsCorp+ソフトバンクなわけだからのんびり行こうって感じか(だいたいアメリカ版のユーザーが1億人って・・ケタが違う)。

 そんな横綱相撲なわけだけどローカル(日本)への普及における問題点についてもきちんと認識してるみたい
ミクシィの日記型文化とは少し違う。マイスペースは自己表現ツール。日本でも若い世代がケータイの世界で自己表現をしている。日本人にも自己表現欲求があるはず。

 この辺りはよくいわれる「ミクシのコミュニケーションはベタベタ(短い挨拶でベタベタ)」「アメリカ人は自己表現・自己主張強いからジャーナリスティックなblog書く(日本の日記文化とは違う)」っていうやつだろう。それに対して湯川さんは「日本人にも自己表現欲求あると思うけどなぁ」って言ってて、MySpaceの香山さんも同意している。

 この辺りはたとえばmixi疲れに代表されるような現象を想起するとおもしろい。mixi疲れというのは「知り合いがなんかアップしたから見に行かないといけない」とか「なんかコメントつけないといけない」とか「足あと残さないと失礼かも」「知らない人に足あと残すと失礼かも」・・・って感じのよくわからない(失礼)mixiにおける儀礼的コミュニケーションってやつ。

 ネットの意見相互調整機能(すり合わせ) + 儀礼的無関心

 って感じで、前者はノエル・ノイマン、後者はゴフマンだったけな?そういう意味では新しい現象でもなく、「都会人のぉ〜洗練されたぁ〜こみゅにけーしょん(んんんn)」、ってやつなんだろう。

 後者はよく知らないので前者について言うと、先日でてきたサイレントマジョリティってやつ。つまり、「ほんとはオレこんなこと言いたいんだけど、みんな(ってか怖い人)が怒るから言わないようにしてるんだよぉ」ってやつ。で、声の大きな人の意見ばっか目立っていくっていう。いちおマスコミュニケーションの悪しき影響として挙げられる例ではあるけど、「理論」って確定してるほどのものでもないと思うけどなぁ(ってか、アメリカ的効果研究は単純で嫌い)。あと、mixiの場合、身内繋がりが多いので仕事の付き合い的にやばいことかけなかったり。

 って、こう書くとSNS限定の現象でもなくblogでも似たようなことあるな。匿名・実名が関係ないということの証左であるけど。 そういう意味で完全匿名な場(増田 or 2ch)が必要とされるわけだ。


 ガイジンの場合その辺りが「実名+ホンネでいい」っていうのはある種の特攻精神というか、彼ら独特の市民社会意識(自己責任意識)というものがあるのだろう。この辺りが公共性の問題とも通じるけどこれも脇道長くなるのでやめとこう。
(ってか、Pew Centerの調べだとアメリカ人もblogについては『ブログの主目的は「個人的体験の共有」』って言ってるみたい・・まぁ、置く)

 で、そろそろ今回聞いた次のエントリにリンク



「2ちゃんねる対ミクシィ」〜山形浩生さんを迎えて
(@Life)



 前半部はたいしたことなくて後半部から盛り上がってくるっていうのはこの番組の傾向っぽく、今回も外伝のほうが面白かった。とりあえず面白いと思った論点を箇条っぽく
(※テキスト見直さず印象でてきとーにまとめております。気になる人は該当箇所をlifeのアーカイブのほうで確認してください)


○「2ch vs. mixi」という枠組みではなく、「early adopter vs. 新参者」ではないか?

「サツバツ(ホンネ)とした2ch vs. ベタベタ(タテマエ)したミクシ」という構図ではなく、「ネットの古参(常連) vs. 新参者」という構図ではないか?ミクシ初期の雰囲気を見ても分かるように、黎明期のgreeかmixiかの覇権争いでは2chからの大挙参加によって趨勢が決まった感がある。そういう意味では「ミクシが有名になってから2ちゃんねらーが押し寄せるようになって雰囲気が悪くなった」という言説には偏向がある。
 
○いわゆるearly adoptorというのはエリートというか新し物好きの連中で、そういう連中はミクシにもう飽きている。「mixi疲れ」なんて言葉にもそれが表れているのではないか?

 また、「プロパティがくっついてきてホンネが書けない(ベタベタ・クネクネしたコミュニケーションに終始する)」というのも問題といえば問題。その意味では2chのような匿名な場はホンネノギロンができて意義があるように思われる。

○んでも、やっぱ「犯罪」とか「ゴミ情報」とかのノイズの問題があって、そういう問題に大しては「S/N比(シグナル / ノイズ)高めりゃいいんじゃね?」ってことになるんだけど、その方法としては「やっぱ金かな」、と。お金を介して発言に責任を持たせることでノイズは少なくできる(ってそのお金がどこから出るのか知らないけど ←「そこが一番重要じゃい!」(山形))


○んじゃ、そうなった場合(ってか現状でも)ミクシの存在意義って何よ?
 
 「コミュニティかなぁ」⇒雑誌の代替として機能するミクシコミュニティ(ex.好きなアーティストの最新情報が手に入る。2chよりノイズ少ないので安心・快適)


○んじゃ、そういう時代の雑誌の意義って何よ?

 「雑誌おもしろいと思うけどなぁ」(鈴木)


○山形ブログのインセンティブは金

「スポンサー付いてるよ。マイクロソフト。よい子のみんなはだまされちゃダメだぞぉ〜」



 いつもながらすごくおーざっぱで申し訳ないが、だいたいこんな感じ。最後のほうの「ネット時代の雑誌の意義」っていうのは持ち越しテーマとしてそのうち扱ってくれることだろう(仲俣さんとか柳瀬さんとかいるし)。あと、以上を参照しつつ冒頭のmixiインタビュー記事に戻ると、ミクシの成功というのはミクシ自体の運営努力というよりもearly adopter(opinion leader)の営為(ノリ)に依るところが大きい。

 その祭りをミクシ側が後方支援して盛り上げたという側面もあるのかもしれないが、opinion leaderの囲い込みとか勧誘に際して、ミクシ側が積極的な行動に出ていたかといえば疑わしい。オープンソースコミュニティの例をとっても分かるようにコミュニティ運営においてはopinion leader的なユーザー(コミュニティの世話役的なユーザー)の存在がものすごく重要になる。ミクシが本気でSNS運営していくつもりならこの辺りに対してなんらかのアクションを起こしたほうが良いのではないか?(ベタにカネだとそのほかのユーザーのやっかみとかあってめんど臭そうだからもうちょっと洗練された形で)



 そんなこと思いながらこのエントリあげる用にぶくま検索してたらfinalventさんの以下のエントリ発掘


ブログと論壇誌メモ(@finalventの日記)
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20061011/1160563061


 いつもながら示唆に富んでるけど、この回は特に(・・突っ込むまい)。blogあるいはそれに類する言説行動に対しては、やはりある程度のカネで「インセンティブ+責任」を管理したほうが良いのだろうか・・そういえばtokurikiさんとこに似たような試みについてのエントリがあったけど、小銭だしなぁ。。(おーまいにうすは論外)



--
関連:
ブログと金銭的インセンティブの辺り(@極東ブログ)
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2007/01/post_ea62.html


ブログ、やはり「形」で残したい 自費出版が増える (@イザ!)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/39009/


ブログネットワークのFM,マスメディアに匹敵する勢力に(@メディア・パブ)
http://zen.seesaa.net/article/30682258.html


米国の新興ブログ出版社,新しいメディアビジネス確立へ(@メディア・パブ)
http://zen.seesaa.net/article/6116104.html


勢いづくブログ集団のFM,今年は5000万ドルの売上を目指す(@メディア・パブ)
http://zen.seesaa.net/article/32936105.html


コミュニケーションの2段階の流れ仮説
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2003_14109/slides/03/20.html

http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/social/social_17/index.html



タグ:2ch blog mixi SNS myspace
posted by m_um_u at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | メディアこのエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。