2008年02月09日

「働いていない = 悪」なのか?

ここのぶくま見てたら「ニート」って言葉が出てて直近でメモっときたいことがあったので軽く


「働かざる者食うべからず」 - 忘れ去られるべき日々について

はてなブックマーク - 「働かざる者食うべからず」 - 忘れ去られるべき日々について


以下、ビッグイシューvol84の雨宮×宮本対談から宮本みち子さんの発言 (p16-17) (※太字は引用者によるもの)


(オレ的にまとめると、「NEETという言葉は単に若者の不安定就労をさす言葉だったのに、日本に入ってくる段階でナマケモノ的イメージがつけられてしまった」、という話)


ニートという言葉は01年にイギリスでつくられた用語で、コネクションズという若者支援サービスが対象者を、13歳から19歳の「学校にも雇用にも職業訓練にも従事していない若者」と定め、それを「ニート」と呼んだのですが、その際対象としたのは、「不安定で、自活の困難な、社会から排除される可能性を持っている若者」でした。「失業者、無業者、不安定就労者、障害者、病弱など複雑な問題をかかえていて働くことのできない人」すべてが含まれています。
 ところが04年に日本に入ってきた時には、ニートという言葉が流行するきっかけとなった『ニート − フリーターでもなく、失業者でもなく』という本の題名が表しているように、ニートから失業者と不安定就労者を除いてしまった。そうなると残った人は、「働いていない状態」にある若者となります。ではいったい働いていない若者とはどんな若者なのだろうか?
 それで人々の憶測が広がりました。当時、日本で非常に大きな問題だったひきこもり問題に対して、国がきちんとした対応をしていなかったために、ひきこもりとニートの問題がかなりくっついて論じられるようになりました。「働く意欲のない若者=ニート」というイメージが広く浸透してしまいました。ともかく、日本における「ニート」の流行で一番の罪はなんであったかというと、失業問題とか不安定就労という問題がそらされてしまったことだと思います。




ネットなんかだとたまに罵倒語として「ニート」って使ってる人がいるのを見るけどそういう人たちはこういう文脈に自覚的なのかなぁ、とか思う。単にマッチングの問題であって倫理的な問題ではないのだけど罵倒で使われるときには両方くっつけて論じられることが多いような・・。自覚的なのかねぇ


「働くこととか家を持っていること = 善なのか?」関連で、こんな言葉があったのでメモ (ビッグイシューVol85, p7)

以下、イギリスでビッグイシュー売ってるおっちゃん(グレアム・ウォーカーさん)の話

「私の考えだけど、ホームレスというのは心のありかた。家に住んでいても私よりもずっと苦しい思いをしている人にもたくさん会うよ。ひとりぼっちだったり、精神的な問題をかかえている場合だってある。私が出会うたくさんの人に比べたら、私のほうが心はホームレスじゃないと感じるね」



グレアムさんは現役の販売者なんだそうだけどビッグイシュー売るときにおまけとして作っていた小冊子が評判を呼びそれをまとめた自伝を自費出版したんだそうな(2500ポンドのツケで)。

家庭は貧しく親からはあまりかまわれることなく育てられ12歳で学校を退学、一家離散後に児童施設に入所。結婚して子供をもうけ平凡な暮らしを奥路つ押したが20代半ばまでに23もの職を転々。そうこうしてるうちにだんだんと酒におぼれ公園のベンチで寝るようになった。ビッグイシューを販売するようになってようやく水道や電気などのライフラインを手に入れることができた、と。

すごいなと思ったのはこの状態でホームレス支援団体とホスピスへの寄付金集めをしていること。『募金活動のためにシルクハットと燕尾服で路上に立ち、現金で1500ポンド集め、3000個のプレゼントを贈り、その年のバーンスタプル市民賞に選ばれた』んだそうな。



こういうの見てると家とか仕事とかは部分に過ぎないのかなぁとか思う。仕事によって人生が充実することはあるけどそれはその人の人格の全てではないしね。お金とか社会的ステータスも

そこから仕事と労働の違い、あるいは仕事=「天職とはなにか?」みたいな話もあるけどこの辺は長くなるしちょこちょこでる話題だからいいや。(自分的にも前に書いたし)


--
関連:
アリとキリギリス - uumin3の日記

※「働かざるものくうべからず」なアリの倫理の元となった寓話は日本に入ってくる段階で変質してしまったみたい、って話。五常について見たときにも「ここまで苦役礼賛型にしなくていいんじゃない?(マゾですか?)」とか感じたけど儒教というか支配思想の影響みたいなのがあるのかな?(どっちにしても再帰的概念っぽいけど)

muse-A-muse 2nd: 「違った人」との付き合い方

muse-A-muse 2nd: 「かしこさ」よりも「五常」がほしい


 


タグ:仕事
posted by m_um_u at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[他]「働いていない = 悪」ならば「働かせない = 悪」も存在するのでは?
Excerpt: 第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。 2 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。 3 児童は、これを酷使してはならない。 日本国憲法 少なくとも、..
Weblog: msuharaの日記
Tracked: 2008-02-09 18:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。