2007年11月10日

「偽善」を疑う人たちはどれだけご立派な方たちなんでしょうね?

 個々人についてのエントリは(不完全ながら)先にあげたものでおしまいにしようと思っていたのですがまだきちんと伝わっていなかったようなので補足します。


はてなブックマーク - muse-A-muse 2nd: 「さらに弱いもの」がやさぐれ「弱いもの」を叩き「正しさ」の荒野が量産されていく


 これを見ると感受性が高く繊細でいろんなものごとに配慮し他人を傷つけないように生活できている人がチラホラいらっしゃるようで立派なことですねと思うわけですが、この人たちは文脈というものが読めているのだろうか?、と。

 まずid:kaeru-no-tsuraさんですが、「「…とは嫁さんの俺評。」…うーん、こういうのをスルッと書けちゃうところがねぇ。無意識が悪いとは言えないけど、とため息をついてしまう」、とのこと。これはどういう意味なのか説明していただきたいですね。「スルッと書けちゃう」もなにもtwitterでのつぶやきですからスルッと書いて当たり前だと思うのですが・・。特に彼のついったーはそれほど多くの人に見られることを想定していないわけですしね(followerも少ない)。それをぼくが勝手に編集して表に出しただけのことであってもし「その言葉によってまた傷つく人がいるじゃないか!」という言説で責められるべき人がいるとしたらぼくだと思うんですがその辺はどのようにお考えでしょうか? それともそういう問題ではなく私生活においても常にさまざまな環境の人を配慮した物言いをしていなければいけない、ということでしょうか? そして、おそらくid:kaeru-no-tsuraさんはそれができる人だ、ということでしょうか?

 次にid:rAdioさん。「id:idiotapeの人はまさに天然の「素晴らしい人」だということか。「いいの、悪いのはワタシなの…」という "か弱きヒロイン" を素で出来るんだから恐れ入る。だが、身内に害が及べばそうも言えまい。それがテロリズムだ」、とのことのなのですがぼくのエントリのどの部分から「id:idiotapeさんはすばらしい人」という主旨を読み取ったのか説明いただけるとありがたいです。ぼくのエントリの主旨は(何度も書いたように)、<誰も悪くないが誤解が生じたため不幸な結果になったのでは?>、というものなので。それともあなたの素晴らしい感受性ではそれは感知されなかった、ということでしょうか?(読解力の問題ということもあるかもしれませんが)


 なんというかため息をついてしまうのですが、何度もいうように単なるすれ違いだと思うのですが?その辺りについてもう少し詳しく書いておいたほうがいいかもしれませんね。(ついったーには記したのですが再編集しておきます)


 まず始めに、繰り返しのようになりますが一番最初の該当エントリに「けまらしさ」のようなものが発生したのはわかります。ハレの場以外のところでの過剰の祝祭感(場違いの演出過剰)ということですね。その部分に疎外を感じる人が出た、と。ではどうすればいいかといえば「もう少し配慮せよ」ということなのですが、その辺については誰も具体的に語ってないんですよね。結果としてblog閉鎖ということになったのですが、それは望まれていたことなんですかね?

 「当人が悲劇のヒーローぶりたくてやったんじゃねぇの?」とのことですが以前のエントリやついったーでのつぶやき、今回の再度閉鎖に至るまでの態度を見る限りそれはないように思います。悲劇のヒーローになってアクセスなどをとりたいんだったらblogをそのまま続けていればいいわけですよね? 「偽善者の仮面がバレそうになったから再度閉鎖したんじゃねぇの?」という穿った見方もあるかと思うんですが、それでもけっこう多くの人は彼のことを好く思っているわけだからblogを再開したら付いていくはずです。でも、彼はそれをしなかった。この時点で「アクセスが欲しい」とか「人気者になりたい」とかそういう視点は無意味ということにならないでしょうか?

 そもそも、最初の閉鎖にしても彼は閉鎖する責任も義務もなかったわけですよね? でも閉鎖した。素直に解釈すれば(彼のメッセージ通り)hashigotanのことを慮ってのことだと思いますが、結果的に判官贔屓のようなものが発生してしまった。そしてその結果を以って、「最初から狙ってたんだろ?」、といわれるわけですが、ついったーの書き込みを見ても分かるように彼にそこまでの戦略性があるとは思えません。heiminさんやfinalventさん、kanoseさんのようなバランスが身につけられない不器用な人、というだけです。というか、この三者を並べているのもびみょーなんですがそれが彼がバランスを身につけられない証左なのかなぁ、と思います。

 というより、「ついったーに書いてることも演出だよ(バカだな)」、という人も出てくるのかもしれませんね。つか、ついったーの場合はリアルな知人っぽい人との会話も入ってるのでそれはないと思うんですけどね。(その部分まで演出っててもねぇ) って、「この人の場合はリアルそのものが演出なんだよ」、といわれるのかもしれませんがそれほど器用な人だったら最初からこのようなやり方はしません。

 だいたいぶくまのサブアカなんかもフル活用するでしょうしね。



 そういうわけで陰謀論的な穿った見方しても意味がないと思うんですね。というか、「偽善」というフィルターで判断するのがよほど好きな人たちなのでしょうけど。なんか中二病っぽいですね。



 で、次に「幸福な者は不幸なものに配慮して幸福を制限する必要がある」という言説について。この辺はたとえば黒柳徹子さんなんか思い浮かびます。あの人もある方面から見れば「偽善者」と見られるのかもしれませんが、とりあえず彼女が貧しい国の人々のことを気にかけながらも美味しいものを食べたりきれいな服を着たり、感動的な芝居や芸術に触れる理由としてこんなことを語っていました。「彼らにはそういうものを経験することはできないかもしれないけれど、わたしがそういうものを経験したことの素晴らしさを彼らに語ることによって眼を輝かせてくれる子供たちがいる。だから私は素晴らしい経験をたくさんしようと思うしそれを語ることを怖れない」。

 ここで彼女が「おまえには味わえないだろう?」というもったいつけた語り方をしていれば問題でしょうが、彼女の語りというのはそういうものではないですよね。そこには一定の慎みがあるように思います。もちろんすべての子供がその話によって眼を輝かせるわけではないでしょうが、それと同時に絶望的な環境の中で希望を見出す子供たちもいる。だから経験することや語ることをやめないのだ、と。


 「慎み」という言葉が出てきたのでheiminさんの話に移らさせてもらうと、彼の文章なんかもよく [名文] などのタグが付き多くのぶっくまーくを集めているように思うのですが、彼の場合はこのようなけまらしさは生じていないですね。それはどうしてなのか?

 思うに彼の文章というのは、「世間的には正しいことではない(あるいは声を大にして言うほどのことではない)かもしれないけれど個人的には胸の痛みとして残ったので書き記しておく」、というスタンスのように思います。「小っぽけなぼくの心の中に生じたリアル」という感じですね。で、そういうものは誰に対して主張しているというものでもないのでけまらしさも発生せずすんなり受け入れられているのか、と思います。

 ただ、演出というか「狙ってやってるのか?」という話になると平民さんのものだって「狙ってやってない」とは言い切れないわけですよね。だって、そういうエントリを書く、と決めてエントリ起こしてるわけだからそこには何らかの作為があるわけです。(ホッテントリは付加的なものなのだろうけど) でもここには「演出過剰」だとか「悲劇のヒーローぶりたいのか?」だのといったネガコメが発生しない。この辺は不思議に思います。

 まぁ、「声を大にした主張ではない」、ということなのでしょうがそれをいうならid:idiotopeさんのエントリも誰に対して正当性を発しているというわけでもなく単なる身内の日記の延長なんですよね。そして彼自身「演出過剰」ということは認めているわけですから半ば恥ずかしい日記なわけです。その恥ずかしい日記を不妊治療でつらい思いをした妻への労いの気持ちを込めてウェブ上で公開しているという羞恥プレイ(あるいはネタ的な檄文)なわけなんですが、その辺は理解されなかったのでしょうか?


 というより、もはや感情的な問題になっていて論理的に説明しても聞き入れてもらえないのだろうと思うのでこの辺でやめにしておきましょうか。個人の痛みの問題なので小利口に上から目線で言っても聞き入れてもらえないだろう、ということは体験的に知っています。(というよりぼくが聞きたくなかったほうなので)


 最後に感情が交錯していることについて。これは価値観の相違が元にあるように思います。簡単に言えば両者のプロトコル設定が違ったためディスコミュニケーションが起こったのだろうなぁ、と。その価値観(コード)は生活圏やそれまでの人生の経験に依存するように思いますが、その辺りの超克ができないのか?、ということが次のエントリの課題です。

 もう少し大きく設定すれば、id:idiotopeさんは「公共性」を気にした情報発信を行なっていたのに対して、おそらくはそれが「公共的」過ぎたがためにディスコミュニケーションが生じたのだろうなぁ、ということです。「世間」的なプロトコルからは受け入れられなかったのかなぁ、と。


 この辺は長くなるので次のエントリで




タグ: 偽善
posted by m_um_u at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。