2007年11月10日

「さらに弱いもの」がやさぐれ「弱いもの」を叩き「正しさ」の荒野が量産されていく

 この件にはあまり関わる気はなくて、てきとーについったーでつぶやくに留めてたんですが、hashigotanの様子も大丈夫そうだし、なんか違和感が残ってるのでエントリにまとめようかと思います。

 まず最初にぼくの立ち位置なんですがどちらの味方というわけでもないです。かと言って「敵」というわけでもない。単なる傍観者なんですが、加えて言うなら「もうちょっと幸せな結末はなかったもんかなぁ」と思ってます。当事者についてはそんな感じなんですが外野については少し思うところがあります。ただ、これも批判とかバカにするとかそういうことではなく単純に、「もうちょっとうまくやれたんじゃないか?」、と思う程度です。「誰も悪くないのなぁ」と「もうちょっとうまくやれたんじゃないか?」っていうそういう気持ち。「誰が正しい」とか「偽善者」とかそういう優越感ゲームに加わるつもりはありません。

 で、件のエントリなんですが、ちょうどまとめが上がっていたのでこちらを使わせてもらいます。


玄倉川の岸辺 あるブログの終焉


 再度断っておきますとぼくはこの方の意見に賛成というわけでも反対というわけでもありません。ただ違和感がある。

 おっしゃるように最初のエントリは修飾華美なところがあってぼくも見ながら「あぁ、文に酔ってるな」って感じたのでスルーしてました。その後、ぶくまに「名文!」とか「感動した!」などが付いていくのにも違和感を感じていたのですがスルー。単に、「[感動]として消費されてるんだな」と思うに留めていた。その点では同意なんですがその後の箇所

hashigotanの悲鳴(批判と呼ぶには悲痛すぎる)を聞かされた後のidiotape氏の対処は立派だった。あるいはたいへん醜悪だった。
どちらの見方をとるかはその人の考え方による。私は言うまでもなく後者である。
小沢一郎じゃあるまいし、「消します」「みなさんが惜しんでくれたから戻しました」「でも本当は悩んでます」そして結局はブログ削除というのはどうなのか。ブログを書くのも消すのも本人の勝手だが、正直言って呆れた。どれだけ自意識過剰なのか、「誠実で傷つきやすい自分」を演じるのが好きなのか。私はこういう人を信用しない。

文章がとんでもなく上手で、「誠実」な「いい人」の俗物がネットから消えて私はせいせいしている。


 この部分は釣りでしょうか?ぼくはこの玄倉川さんのサイトを初めて見るのでこの方が普段どういう考えをされているのか知らない。なのでこの記述の真意が判りかねるのですが、もし釣りだとするとどういう意図で釣りエントリを書かれたんでしょうね? 推測するに、「もう少し議論を長引かせ皆で考える材料にしていこう」、ということだったのでしょうか? (「文章がとんでもなく上手」とかいう部分はidiotopeさんに対する拗ねた愛情表現にも感じられますしね)


 あるいは釣りではなく「俗物が消えてせいせいした」がそのままの意味だとするとやはり違和感があります。ぶくまコメントにも書いたのですが、どうもidiotopeさんの真意が伝わってないのではないかと思って。彼はよそ行き用の「カッコつけ」な文章を書いてしまう癖があるのでどうもその辺の真意が伝わらないようなのですが、ついったーでのつぶやきが彼の心情をよくあらわしているように思ったので勝手にたんぶらせてもらいました


むーたん:ある個人史の裏側


 文章が修飾華美だった点については「公共空間を意識して」ということのようですね。つまり「いろんな方面に配慮した結果としてみょーにごてごてした表現になってしまった」ということのようです。「ほんまはめちゃくちゃええ加減です」、と。勝手に推測するに「ええ加減」だからこそきちんとした文章を書こうと思ったのでしょうね。

 そして一度blogを閉鎖したのもhashigotanの悲鳴に真摯に耳を傾けたからだし、一時的にではありますがblogを復活させたのもhashigotanへの批判を慮ってのことだったはず。


idiotape @marco11 なんていうか、読んで不快にならなかったのね。それが主たる理由かな。すげえ真剣だったから。真剣なものに適当にお茶濁すのってアカンやろと思って。 … 2007年11月8日(木)23時21分21秒



 ログ全体の流れを読んでもらえば判ると思うんですが人気取りや「味方を増やす」などといった政治性のために行動するような人物とは思えません。単純に人を思う気持ちが裏返しに出てしまう不器用な人なんでしょう。ここら辺にもそれが表れてますね。


idiotape いや、それはないって。狭量さに時にうんざりするもん。神経質なくせに無神経とは嫁さんの俺評。きついねー。 … 2007年11月8日(木)23時25分1秒



 そういう人なわけです。といっても彼のことをケーゾク的に見てきたわけではないし実際にあったこともないので勝手に読み取るマンしてるだけなのかもしれないですけどね。



 で、これだけだと彼の擁護に終始してしまうでここからが本題のですが、最初にも言ったようにこの騒動というのは「誰が悪い」というわけではなくすれ違いや勘違いのようなものだと思うんです。hashigotanがなにか違和感というか憤りのようなものを感じたのは事実だと思うんだけど方向性を間違えていたのではないか、と。方向性というか筋道ですね。

 最初にも言ったようにぼくも件のエントリのアゲアゲ状況(過剰性)には違和感を覚えたのでその気持ちは分かるんですが、そこで攻撃対象とすべき(あるいは違和を唱えるべき)相手はエントリを書いた本人ではなくエントリをアゲアゲ的にした周囲の人々ではないかと思うんですね。「彼のエントリがそれを誘発したのだから悪いのは彼じゃないか!」というのも分かるんですが、最初のエントリをよく読んでもらえば分かるように彼のエントリは「不妊というマイナスの環境から始まってプラス的な幸福が訪れた」という内容なので全体としては±0的なものなるはずなんです。ただ周囲がやたらはやし立てたのでプラス的側面ばかり浮き彫りになってしまってhashigotanの心がザワついたのかもしれないけど・・。

 それでhashigotanは「そういうエントリが幸福になれない人の心にどういう影響を与えるか考えろ!」と言っていた訳ですが、この辺についてはDanさんがまとめていたように思うので深く言及しません。


404 Blog Not Found:「ほげ」「ふが」...がどんだけの男女を無気力にさせているのか少し考えてみた


 自意識の問題ということですね。影響力についてはよくわかりませんがそれを言い出すと「おまえの息はくさくてかいだだけで無気力になるから息するな」というところまで言えちゃいますね。というよりも、(これはあまり言うべきではないかもしれないけど)hashigotanはご自分の影響力で他の人のblogを閉鎖させたこととか、いろんな人に心配をかけたこととか、そういうことについて考えたことはありますか?

 すこし詰問っぽい言い方になってしまったかもしれないけど、「それが悪い」、ということではなく同じようなことをしているけれどhashitotanは許されるのですか?、ということです。ぼくはよく知らないけれどhashigotanの人生が困難なことはなんとなく分かります。でも、他人を呪ったり、無茶なことをいったからといってあなたの人生が好転するわけではないですよね? そのことについてはhashigotanが一番よくわかっているのではないですか? そしてそういう感情を発露すればどういう結果が待っているか...それは何度も繰り返して身に染みているのではないですか? だったら自分で自分を傷つけるようなことはやめたほうがいい。

 というか、これも勝手に読み取るマンしてるだけなのでhashigotanの真意は分からないし「ぜんぜん的外れ」ということになるのかもしれません。ただ、言いたいのは「なにが正しい」とか「誰が悪い」とかそういうことではなくhashigotanやidiotapeさんのことを心配している人がたくさんいるということです。

 以下、勝手ながらtwitterで見かけたつぶやきをまとめさせてもらいました。


むーたん:idiotope × hashigotan雑感


 「どちらを擁護」というわけでもないのでhashigotanが見たら嫌な気持ちになってしまうことも書かれているかもしれません。でもけっこうたくさんの人がhashigotanのことを気にかけていたし.....とりあえず言いたいのは、「これだけの人が心にかけていた」、ということです。



 あと、本エントリについてはもう少し思うことがあるのですが長くなるのでいったんこの辺で打ち切らせてもらいます。



--
追記:
再度言っておきますが、「正しい人の代表」として振舞えば同じことになると思いますよ?

heartbreaking. 恋愛とか子供作るとかって、障害より一歩外側にある問題だと思うんですよ


たしかにそういう人もいるかもしれないけどそういう環境にいる障害者の人が全員hashigotanと同じ意見とは限らないですよね?(ケンカを売っているわけではないです。立ち止まって考えてみてください)


 


posted by m_um_u at 09:17 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
玄倉川です。言及ありがとうございます。

「拗ねた愛情表現」という見立ては間違いではありません。愛情はこれっぽっちもありませんがidiotope氏を賞賛する気持は間違いなくあります。彼は非常に文章が上手である、そして頭がいい。この二点についてケチを付けようとは思いません。

私はidiotope氏の真意には興味がありません。彼がどれほど「誠実」であろうと「不器用」であろうと私には何の意味もないことです。ただ「グジャグジャした態度が不快だ!この俗物め!」と叫びます。物分りのいい人間を演じるつもりはありません。

「批判すべきはidiotope氏ではなく祭り上げた周囲の人々ではないか」というご意見は正論です。idiotope氏はなにもカリスマになろうと思ってブログを書いたわけではないでしょう。むしろカリスマにされたことに耐えられなくなってブログを消したのかもしれません。そう思うと気の毒ではあります。それならなぜidiotope氏に批判の矛先を向けたかといえば、上に書いたように単純に不快だったからです。

誤解のないように説明しておきますが、私が不快を感じたのは「hashigotanの悲鳴を聞かされた後のidiotope氏の態度」です。「ある個人史の終焉」については「ふーん、こういうのが受けるんだね」以上の感想はありません。
Posted by 玄倉川 at 2007年11月10日 19:18
お答えいただきありがとうございます。確かに不快に思われる気持ちというのも分からんではないですがぼくは似たような後輩を持っているので心理的に傾斜するところがあります。おそらく演技ということではなく優柔不断なだけだと個人的には解釈しています。だから良いというわけでもないのですが(結果的にこういうことになってしまったわけですし)

ただ思ったのはhashigotanがどう思うかな、ということです。今回のエントリも本来なら書くつもりはなかったのですが、どうも流れ的にhashigotanはいつものままというか、今回のことから何も感じ取っていないようなのでそれが気がかりだったのです。
(結果的に彼女の暴力性が一つのブログを閉じてしまったわけですがそのあたりについての反省はない)

「反省」という言い方をすると語弊があるか・・。彼女自身がこういう活動を通じてけっきょく何を得たいのか分からないのです。

「やられたらやり返す」ということなのでしょうがDanさんなども指摘されている通り「やられた」と感じる自意識のほうが問題なのであってその辺りをどうにかしないとこれからも不快な思いをするだけだろうになぁ、と。(別件でいくらでも不快なものは出てくるように思います)

この問題は玄倉川さんの問題ではなく彼女の問題だと思うのですが、玄倉川さんのエントリへの彼女の反応(あるいはそれ以前の関連エントリへの反応)を見て(個人的には)悪い方向に進んでいるように思ったので。

ただ、玄倉川さんとしたら「そんなことは知らない。オレはただ自分の感じた気持ちを言っただけ(解釈や影響は各人の自由)」ということなのかもしれないのでその辺りは仕方ないかなと思います
Posted by m_um_u at 2007年11月10日 22:27
玄倉川です。お返事ありがとうございます。
idiotope氏についてはムカムカを吐き出したので今は特になんとも思ってません。彼がまたブログを書き始めても批判するつもりはありません。
hashigotanの問題は私には難しすぎます。「ある個人史の終焉」に投げつけた叫びにいくらか共感しましたが、そういう自分を危ういものと思ってます。私にはhashigotanに充分に共感することも諌めることもできません。いまはただ敬遠し傍観しています。
hashigotanは自分の人生に真剣に向き合っているのだと思います。また心配してくれる人たちに恵まれています。「手探り」じゃなく自分の頭をあちこちにぶつけるようなやり方ですが、それでもやがて「楽に生きられる場所」を見つけることができるよう願っています。
Posted by 玄倉川 at 2007年11月11日 18:29
そうですね。ぼくも大体同じスタンスにいるように思います。hashigotanはおそらく自分よりもめぐめれている環境(あるいは自分よりも小利口な言説)のように見えるものに対しては心を開いてくれないように思います。

というより、ぼくの最初の接触の仕方がまずかったのでしょうけど。とりあえず同じように傷をもっている人、hashigotanの意見を尊重する人の意見を採用していくのでしょう。その中で少しずつ積み重なっていくものがあるのかもしれない。

とりあえず彼女のぶくまの様子を見ても精神状態は大丈夫なようですし、これからの人生の幸運を祈るだけかなぁ、と思います。
Posted by m_um_u at 2007年11月11日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[情報]はしごたんまとめ
Excerpt: はしごたんは文学。というわけで、最近はてな村に越してきた話題の人、id:hashigotan氏の、直接的・間接的に言及・関連されているエントリを集め、11月以降を中心に、その歴史の一部をまとめました..
Weblog: 萌え理論Blog
Tracked: 2007-12-03 08:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。