2007年11月04日

今年のあるふぁるふぁ大作戦についての雑感

 びみょーなのであんまり触れるつもりもなかったんだけどついったーでちょろっとつぶやいてしまってどうしよっかなと思ってたところにヒトサマのエントリみて、「あぁ、たぶんオレこれ経由で誤解されるんだろうな(いいけど)」、って気持ちもあったので補足的に・・。

 アルファブロガーな季節がやってきましたね

 そんでまぁ今年はこんな感じで


ノミネートブロガーリスト|Alpha Bloggers


 あぁ、びみょーだな、と。一番注目を集めるのはこの辺ですよね


アルファブロガーアワード雑感 - 煩悩是道場

今年の注目はなんといっても佐々木俊尚さんが、はてな匿名ダイアリーを選定した事だろう。

最終的に匿名ダイアリーがアルファブロガーに名を連ねるかどうかは分からないのだけれども候補の一つとして上がったというのは衝撃的であり、同時にアルファブロガーとは何であるのかというよりウエブロガーとは何であるのかという疑問が私の脳の中で駆けめぐってどうする事も出来ないでいる。


 んで、ululunさんとしては「んだったらついったーでいいじゃん?」って言ってはるけどついったーとはまた別だと思うんですよね。増田の真骨頂は「匿名だからこそすげーびみょーな話題書ける」ってとこだと思うので。

 で、佐々木さんとしては、「インパクトをもった言説(生活の場からの生の声、criticalな声)の代表」、として増田を紹介したかったんだろうけどまぁ、これもいろいろとびみょーな問題が・・。

 形式としては2ちゃんへの過度な期待と同じですよね。んで、その辺についてはこの辺で「どーなの?」って言われてるので深く突っ込みません。

今日の増田のための増田議論 - finalventの日記

 「そもそもアルファブロガー選出の場がアレげになってることへのアンチテーゼだったんだろう」ってのも同意です。内田センセとかの身内推薦もそんな感じだったのかもしれませんね。(つか、内田センセはblogとかネット見てないと思うのでさらにびみょーなんだけど)

 個人的にはこの手の話の場合は増田と2ちゃんの違いについて議論してもらったほうがおもしろいように思います。(「カオスが生じていない」とか「生じていないならなぜ生じていないのか」とか)


 そのほかぼけーっと思うのはアルファブロガー選出基準と佐々木さんの立ち位置っすね。ここで「アルファブロガー」として想定されている基準についてのおさらい

アルファブロガー・アワードについて|このサイトについて|Alpha Bloggers

「米国では、影響力のある多くの読者に読まれているブロガーを「アルファブロガー」と読んでいるらしい、では、日本にはそういった影響力のあるブロガーってどれぐらいいるのだろうか?」
 
そんな疑問から始まったのがアルファブロガー投票企画です。


 つまり想定されているのは米国の人気blogなわけですね。具体的な名前は示されていないけどBoingBoingなんかが含まれる人気blogネットワークに参加しているblogなんかが想定されてるのかな?(※boingboingは米国blogじゃないけど)

 そんでよくわかんないのがここで言う「影響力」の基準なんですが、これは「アクセス数=影響力」ということなのかな?それとも当該blogで展開されている言論の質(説得力)および動員力ということなのだろうか?(ここでの「動員力」は「実際に人々の行動に影響を与える力」ぐらいの意味で)

 後者だとするとDan=Rather事件なんかが想起されますがそういう言及も見られないですね。というか、よくわかんないので単純にノミネートリストから理想とされるblogの性格(および「影響力」と想定されているもの)を推測してみましょう

ノミネートブロガーリスト|Alpha Bloggers


 ざっと見た印象ではIT系の人が分かりやすいblogが選ばれたんだろうなぁって感じです。つか、徳力さんラインで「アルファブロガー」ってのが想定されているんだろうから当然といえば当然なのだろうけど。

 んで、blogシーンに実際にいる人たちとしては「こんなの知らない」とか「なんでこのblogがいまさら?」みたいな違和感が出てくる。でも、アルファブロガーアワードで対象としているお客さんはそういう人たちではなく、blogの知識があまりない一般の人、あるいはIT業界なんかに勤めていてblog見る時間があまりなくて、「でもけっこうおもろいblogを見たい」、みたいな人なんじゃないないかと思います。つか、端的に言えば、徳力さんたちのセンスで選んだ「なんかいい感じblog」のシミュラークルって感じですね。

 つまり、自分たちのauthorityを再確認するための場、っていう意味合いもあるのかなぁ、と。(NYかなんかのIT成金が自分たちの文化の権威づえけのために村上隆が売り込むオタク商品を高値で買い取るのと同じ構造かな)


 そんな感じがします。


 それに対して、いちおアワードとしての体裁も整えなきゃいけないのでそゆとことは違う視点の人も推薦人として入れてるわけだけどこれが機能してない・・。もとより「影響力」という指標がびみょーだし、「理想とされるアルファブロガー」の像もびみょーなので選びようがないっていうか、それぞれの理想像がずれてるんでしょうけどね。

 んで、佐々木さんに話は戻るんですが、佐々木さんというと以前にC-NETの記事で「既存ジャーナリズムのAlternativeとなるような専門性の高い記事が上がる場がネットには必要」みたいなこと言っててそっち方面かなぁって思ってたんだけど、Alternative Journalismのもうひとつの方向性として「既存ジャーナリズムが拾っていない生活の場の生の声(声にならない声)の反映」ってのがあってそっちのほうを重視しようとしたのかなぁ、とか思ったわけです。

 finalventさん的にはその辺疑わしく思っておられるようだけど・・・まぁ、佐々木さんご本人がどういう意図で増田選んだのかはっきり書いてないのでよくわかりませんね。


 つか、まぁ、「Alternative Jounalismとしてのblog」、って感じでアルファブロガー選出していくんだったら「政治・経済・文化・社会」みたいなきちんとしたカテゴリ分けが必要で、それぞれのカテゴリの中で既存ジャーナリズムとは違った視点(言論)を継続的に続けているblogを選定する必要があると思うんだけど・・そゆのもきちんと設定されてないんでしょうね。

 んで、各人バラバラな選定基準になってるわけだけど・・。個別に言っていくと批判みたいになるのでやめときます。気になったのは切込隊長の基準ぐらいですかね。隊長の場合は専門性を重視したっぽいですね。R30さんもAlternative Journalism的には問題ないかなぁと思います。(ぼくの基準を中心に「問題ない」っていうのもアレだけど)

 
 あぁ、つか、いま気づいたけど旧アルファブロガーアワードなサイトでカテゴリ分けがされてますね。

アルファブロガー-2006年 トップ40を公開しました。


 「論壇系ブロガー」「アンテナ系ブロガー」「テクノロジー系ブロガー」「人気サイト」っすか.......................(なにもいうまい)


 まぁ、いいです。IT系のひとのための面白ブログリンク集ぐらいで捉えてるので。


 あと、disってばっかではアレなので個人的に面白いなと思ったblogを紹介しておきます(つか、皆さんご存知でしょうが、「アルファ」って基準でぼくが選ぶとしたら、ってことで)



政治:
カワセミの世界情勢ブログ

雪斎の随想録

地政学を英国で学ぶ

※この辺はあえて言いません。各人とも研究系(あるいは学術知識+実務)なスペシャリストな方々


経済・経営:
Economics Lovers Live

bewaad institute@kasumigaseki

福耳コラム


※この辺も研究系専門家+実務(官僚)って感じで少し偏りがあるけど、まぁ、個人的なリスト程度で。つか、もしかしてbewaadさんとかはもう選出されてるのかな?


文化:
小田亮のブログ「とびとびの日記ときどき読書ノート」

G★RDIAS

ニセモノの良心

空中キャンプ

萌え理論Blog


※これも小田センセは現役文化人類学者ってことでこれも本職。G★RDIASは森岡センセ関わってるので共同blogってことなのでちょっと本職って感じだけど人文的な視点からの社会的話題ってことで。ニセモノの良心の人はテレビ局関係者な立場からの視点(ハコフグさんがありなら、ということで)。空中キャンプは人文系な視点をPOPな文体でお届けってことで読みやすいかと思います。萌え理論blogは一見オタ系話題って感じがしますが人文系の概念・知識をベースにサブカルを現象を解説するblogととらえると分かりやすいんじゃないかと思います。つか、人文系知識を分かりやすく伝える姿勢やあえてまとめサイト的な形式をとっている労力に頭が下がるな、と。



社会:
レジデント初期研修用資料

天漢日乗

踊る新聞屋−。

深町秋生の新人日記

5号館のつぶやき

※レジデントさんと天漢さんは医療問題ということで。つか、レジデントさんは医療の現場からの視点って感じなので少し違うか。あと、天漢さんは中国思想の専門家なんだけどその辺の言及はないですね。 踊る新聞屋さんはびみょーなんだけどこれも「ハコフグマンさんがありなら」ということで。深町さんも「犬にかぶらせろ!」のオルタナ。五号館さんは生物学系の研究者の方だと思うんだけど最近では大学院ワーキングプア問題のハブ的サイトになっているように思います。




 だいたいそんな感じですかね。



 まぁ、IT関係が全然ないわけだけど、その辺は個人の選出者の限界ということで。


 あと気になるのはGIGAZINE問題ですね。今回の選出基準からすると「GIGAZINEはなぜ推薦されないの?」って話題が再浮上してくるように思います。(別に戯画人さんを応援するわけではないですが)


真のアルファブロガーになるには何をすればいいのか? - GIGAZINE

ネット世論・ネットのトレンドを生み出すアルファブロガー [絵文録ことのは.]2004/12/23

要するに、全世界的にはもともと「無名のものをメジャーにするネット世論への影響力を保持しており、個人によって書かれているブログ」を書いているブロガーがアルファブロガーということのようです。日本のようにたとえそれが投票ベースであったとしても、イベントなどで選ばれるようなものではないらしい。自発的かつ自然に読者が集まり、「あいつはアルファブロガーだ」と認められていくというような感じです。



とするなら戯画人にはその資格があるのではないか?、と

 これについてはこの辺かな


切込隊長BLOG(ブログ): GIGAZINEさんは商売としてアクセスを集める文章を起草しているわけで…


 「blogger的強度が商売(ビジネス)的な偏向を受けるのではないか?」ってことですかね。んでも、それ言っちゃうと今回の選出でも......



 まぁ、びみょーってことで


 










posted by m_um_u at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。