2007年10月16日

沖縄の性産業についての覚書き

 ひとさまのついったーpostを基点に「ちょっとメモっとくか」って感じのエントリなのでtumblrに流そうかと思ってたんだけどtumblrだと後から参照するときに見にくいのでやっぱこっちで。以下、「リンクが中心のメモ」、って感じです。多分に個人的メモ。

 基点としてはこの辺

Twitter / finalvent

こういうニュースも内地には伝わりにくい(チージ)。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/071014/dst0710142315006-n1.htm

@mokutagawa ひとつには「辻」の語感がナイチャーにはないんですよ。いい悪い以前に琉球がやはり別の国の歴史を持っていてしかも戦後も解消されていないというか。あまりいうと大げさだけど。

明治時代の近代国家主義、大正時代のリベラリズムというのは結果的に日本国家志向に沖縄を転換させたかに見えたけどそのダイナミズムが極度に逆転してしまった。

さっきの事件で言えばたかがソープランドと言えないこともないんだけど。っていうか、そう言い得る余地は多くてバランスしていると沈黙に至る。

ナイチャーの沖縄幻想って結局はべたなポストコロニアリズムなんだけど、というか実は表層的な左翼イデオロギーですら日本国家の問題に焦点を当てているという点で同型なんだけどね。

@mokutagawa ええ、そしてそれが米軍統治下でどう機能したかを現在の歴史家はネグりまくってますよ。でも、ネグられたものは普通の空気でわかります。

本土幻想は戦前と戦後で二分したけど、沖縄は戦前、戦闘(べたな地上戦)、米軍統治(コロニアル)、日本統治(コロニアル)というむずかしい層がある。

困ったことか必然か難しいけど、小林よしのりは沖縄のパンドラを開いたか開こうとしている。でもそれを開くには沖縄で死ねよってことだけど彼はできっこない。

慰安婦問題も現状ではそれが戦争の構図で捉えられているけど、あれは国家と性の構図の問題で、実は高度成長期の日本の国家体制もまったく同構造なんだよ。ところがそこは議論されない。

ってなことを昔はブログに書く気でいたんだけどね。いつからかやめちゃった。

@mokutagawa ええ、その性に対する国家の制御性が、一種の動員体勢を作って、高度成長っていう戦争を継続していた。

@raitu うん、こんなところでトンチンカンに熱くなるからね。でも、俺は、沖縄で死ねなかったなという罪責につぶれて終わりかな。

はてなとかで「そんななやみはソープに行け」メソッドがあるけど、それによって性に介在する国家の内側に移り込むことになる。そんなに嫌悪というのはあるけど、でもみたいな。

カメさんは英雄ということで FA なんだけど(そこがわかりやすいから)、米軍統治下の沖縄を象徴していると思う。でもまついでだから
http://homepage3.nifty.com/katote/okitaiaso.html



 「こういうニュース」ってのはこれのこと↓

ソープランド全焼で9人搬送 女性1人死亡 那覇 - MSN産経ニュース

 「カメさん」ってのはこれ↓

非合法沖縄共産党

 軍政下の実情と合わない指令を無視する形で自立組織化していった沖縄共産党の歴史について。コレに加えてあと2層ぐらいある、と

 国家的縛り(権力とプロトコルとしての法)以外に共同体的な決まりや力の層があるって認識はあまり多くの人には共有されてないみたい。たとえばアフリカなんかの研究やってる人から聞いた話だとNGO的に紛争調停を考えるにしても「国」「共同体」「下層共同体」(さらにそこからのグループ派生)の三層について考える必要があって、「それぞれがそれぞれの利害や決まりによって動いてるので大上段に紛争解決ってのは難しい側面がある」、って話をしてた。今回の話もそれの亜流のようなものだと思う。

 (よくわかんないけど)沖縄の場合も国以外の決まりとか力や財の流通している共同体があったみたい。そゆのはアンダーグラウンドとも言って暴力団とか思い浮かんで悪いイメージあるかもしれないんだけど、国家が横暴な力を使っていて正面からそれに抗する術がないのなら地下にもぐるしかないわなぁ‥。あと、昔から暴力団的なものが「力」の部分を管理して共同体の運営を助けていたって歴史もあるしな。(cf.自民党と暴力団とか)..その辺は横道に流れるのでやめとこう

 んで、そんな感じで「国」とは別のコミュニティとしてアンダーグラウンドなものっていうかそれぞれの土地の自治コミュニティがあるわけだけど、そこで手っ取り早く金を作り出したり、もしくは金そのものの役割をするのが「性」ってことになるんだろう。「地場産業がないところでは性産業が活気付く」ってやつ。旧日本三大風俗街(中州、流川、すすきの)なんてのはそういう流れでできあがっていったんだろう。新宿とかは意外と後から栄えたものだったはず。あとは場のガス抜き的な効果もあるか。つまりカタルシスとしての性産業ってやつ。
 
 引用先の「性に対する国家の制御性が、一種の動員体勢を作って、高度成長っていう戦争を継続していた」ってのは「高度成長期の性産業利用」ってことだし、(ちょっと問題があるかもしれないけど)慰安と戦争ってことではここに繋がるんだろう。

極東ブログ: [書評]その夜の終りに(三枝和子)

 「盾としての慰安」ってやつ。これ自体史実かどうかわかんないのでびみょーなんだけど、もしそうだとすると悲しい話だし敬意を表すべきことだろうな、と思う。

 んで、「国家による性の管理」ってことはそのまま「生」の管理ってことで「生権力」の管理に繋がってくる。birth controlっつか人口管理にも繋がるか。あとはガス抜き的に配置することで統治の道具としても使える。まぁ、赤線やらなんやら思い浮かぶわけだけど。つっても、これはもともと現地の人たちが作り上げてきたものを国が奪い取った末に国が管理しやすいように一部の機能だけ抜き取り利用したものだと思うけど。「性産業をめぐる国家と現場の駆け引き」ってことでこの辺とか絡むかな


muse-A-muse 2nd: 差別をめぐる審級について (あるいは「人権と国家」)


 で、性産業というアンダーグラウンドをめぐる管理ではわざと管理基準をあいまいなものにすることで国家が良いように舵取りができるような仕組みができているんだと思う。暴力団系への規制と同じだな。どっちも完全に管理すると難しい側面があるのかもしれない。(cf.893ものの拾い場所としての暴力団の機能)

 性産業をめぐる最近の綱引きとしてはこの辺かな(見えた範囲)


2007-10-01 - 安田理央の恥ずかしいblog:AVオープン不正事件の真相

【法廷から】ひどすぎるAV撮影 - MSN産経ニュース


 前者はアダルトビデオメーカーのSODが製作したビデオ(DVD)を自社買いして売り上げを水増ししてた、って話。SODというとわりと健全で透明なビデオ製作会社という印象でアンダーグラウンドなルールが多い印象のあるAV業界に新しい気風を入れてくれたようで期待してたんだけど、こういう形でコケルと業界全体への影響が心配される。

 後者は悪名高いバッキー栗山事件について。女優に薬物を吸引させた状態で浣腸器を入れ内臓破裂させた、ってやつ。「女優は売春婦なんだから何してもいいんだよ」ってコメントは二重三重に間違っているように思う。ひとつは「女優は売春婦」ってところ(これは言うまでもないか)。つぎに「何してもいい」ってところ。正当な雇用契約を交わしているはずだからその範囲の仕事しかしなくて良いはず。あと「売春婦だからなにしても良い」わけない。(つかコイツ、「女は」って思ってんだろうな) 

 安田さんの本にあった「DVD化によって早送りで見せ場を見る習慣ができた → 見せ場中心主義的ソフトの乱造」の影響かと思う。SODをはじめとする団体はこういう過激趣味の流れを食い止める役割を担うものと期待してたんだけど...。


 しかし、まぁ、女優の人たちと風俗業界の人たちだとまたちょっと事情が違うか。風俗のほうは最近の規制の強化の影響でこんなの出てたけど

裏新宿(NEW): 歌舞伎町浄化作戦の規制外となる昼キャバ、朝キャバが急増


 沖縄の事情はよくしらないけど前に探偵ファイルにこんな記事載ってた


#探偵ファイル/スパイ日記/ 沖縄ダークサイド


ネタ元が「探偵ファイル」ってのはあるんだけど内地の相場より大分安い現状ってのは局所的なものでもないのではないかと思う。そして沖縄には地場産業がない。地場産業がないので性産業に頼ったり、国家的要求にしたがって軍の基点にならざるを得なかったというのは広島と同じ流れのように思う。


 
 そんな感じで見てくると冒頭の記事の重みみたいなのがなんとなく分かる気がするんだけど‥でも、そういう可哀想目線ってのもちょっと違うかな、とは思う。彼女たちには彼女たちの矜持っていうか、けっこう気楽な部分もあるのかなぁ、と。(よくわからんが)

 「気楽な」っていうのも語弊があるか。とりあえず可哀想目線の行き過ぎは勝手なロマンチシズム(妄想)って感じで違うかな、と。



 まぁ、よくまとまんないエントリだったけどそんなことを思ったのでした




--
追記:
あとから考えるとあそこまで相場よりも安いのは基地外のガス抜き的役割を果たしていた部分もあるのかなぁと思ったけどたんなる妄想かもしれないのでよくわかんないです。
 



posted by m_um_u at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。