2007年06月20日

活況化するモバイルコンテンツ市場?

 主に伝言的なエントリです。TB先はこちら


ハコフグマン: 画質とライフスタイル


 エントリ主旨としては、「高精細系のコンテンツじゃなくても、小さな画面で見る分には十分なんじゃない?」、というもの。んで、アーカイブをモバイルコンテンツに利用できるかなぁ、ってとこなんですが..


 関連でこんな記事を見かけまして


Yes, the Screen Is Tiny, but the Plans Are Big - New York Times


 ESPNが中心となって、CBS、MTVなんかがモバイル(ケータイ)向けにオリジナルコンテンツを配信するサービスをするらしいです。

 以下、要約
 
ESPN, CBS, MTV, Hearst and other media companies are exploring the production of original content for mobile phones. Cellphones rank higher than television in the 18-to-26 age group, and media execs hope that the demographic will have a large appetite for mobile video content.



 上記の要約でも触れてあるように、18〜26歳のグループではけっこうケータイからコンテンツを見るみたいなので(6割ぐらい?)


When Cyriac Roeding joined the CBS television network as its head of mobile content two years ago, the first thing he did was to conduct a survey among viewers to find out how many tuned in with their cellphones at hand. He found that about 64 percent of 18- to 24-year-olds watch television with their cellphone almost always nearby.



 んで、「まぁ、いけるかなぁ」、と。


 日本とは違ってアメリカのモバイル使用っていうとちょっと前までは「通話のみ」って感じだったみたいなんですが、近年の3Gとかスマートフォンの流行なんかで使用動態が変わってきてるみたいですね。あと、もうすぐiPhoneも出るし。これはけっこうでかいのではないか、と。


Apple Inc., meanwhile, is just weeks away from introducing the iPhone, a product that some analysts speculate may reshape how people use their cellphones and increase demand for content on mobile devices. “It may start driving people’s mind-set to think, ‘Oh, I can do this mobilely,” Mr. Zehr says.

 


 問題は「画面の大きさ」ってことなんだけど、この辺については「映画のスクリーンからテレビの画面に移っても不自由しなかったしなぁ」みたいなことがかかれてたけど、ケータイのスクリーンとではまた違いますしね。。

 でも、iPhoneが出ると使用動態が変わる可能性もある(...のかなぁ。伝送路のコモデティ化にもよるのだろうけど)

 

 ポイントだと思うのは「ESPNが中心になってる」ってところです。スポーツ系のコンテンツというのは特に「生」が優先されるのでモバイルでやると強そうですね。あとMTVもフローでみるのに良さげ。


 あと、周辺状況として


 ESPNというとDisneyだし、ABCネットワークって感じなんだけど、ABC自体は「どんどんやれ!」って感じみたいです。


Yet executives at broadcast networks like ABC say that this assumption is worth challenging, and they are betting that consumers will also watch longer-form content on their phones. Last month, ABC began showing full-hour episodes of shows like “Lost” and “Grey’s Anatomy” on Sprint’s network.



 コンテンツや資本の提供については特に書いてなかったけど、成功したら乗っかるのかな?

 Disneyというと現在はゲーム系プラットフォームに力を入れてるみたいなのでこちらは遊撃的な様子見って感じなんでしょうね。


 コングロマリット関連でついでに言うと、CBSとMTVってことでViacomを中心としつつJoost, SlingMediaとの連携も考えられます。

 Joostについては皆さんご存知でしょうから割愛させていただいて、SlingMediaについて、簡単に復習。

 
TV局公認!ロケフリ+YouTube的な番組共有サービスの衝撃 デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS


 表題どおり、ロケフリ+Youtubeって感じなんですが、ポイントはsbm(はてなとかdigg)みたいな感じで動画をクリッピングできるところです。



 このサービスってけっこうモバイル向きだと思うんですね。移動中にコンテンツ見つつ目的地に到着したら「クリップして後で見る」ってできるし。あと、「クリップしといたものを移動中にちょこちょこ見る」、とか。(便利げ)


 ちなみにSlingMediaはiPhoneとの連携を既に打診してるみたいです。


Sling Media、「iPhone」へのストリーミング配信でアップルと話し合い:ニュース - CNET Japan


 
 で、Joostですが


 ご存知の通りCBSとViacomからファンドされてるわけです


 んでSkype系ってことで、「さっさとSkypeなケータイでJoostできるようにすればいいのに」、って感じなんですが、それは奥の手ってことなのかな?

 とりあえず、リビングにも進出する気みたいです。


Joostもリビング進出を計画中 - Engadget Japanese



 対NewsCorp的な動画サービスとしてはこの辺が最右翼かなぁ、と。



 Joostについてはいろいろあるので別稿でまたなんか書くかもしれません。

 
 




posted by m_um_u at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディアこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。