2016年09月28日

「習得への情熱―チェスから武術へ」


なんでこれを読もうと思ったのか、honzのレビューで気になって「( ^ω^)・・・非体育会系でまったくスポーツ経験なくてもやり方によっては年取ってからでも武術を極められるものなのかあ。。」というところに希望と目標・参考を感じたからかさだかではないのだけど予想外におもしろかったのでエントリに残しときたいと思いつつなかなかエントリできずにいた。



習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法 -
習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法 -


honzのレビューでは『「一つを極めることで、他の物事も理解できるようになる」習熟の過程を綴った本だ』とまとめられておりそれも間違いではないのだけど自分的にはちょっと違うかなと想った。


一つを極めれば、他は自ずと理解できる『習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法』 - HONZ
http://honz.jp/articles/-/41738


全体的には発達過程における教育学、あるいはコーチング的なものへの関心を綴ったものであり、チェスのマスターになってからはパフォーマンス心理学など行動心理的なところでのパフォーマンスの反映についての関心から綴られている。それは「天才だからできた」という話でもなく一般的にも通じる習熟と持続的なパフォーマンスの発揮の話のように思えた。そういったものの中でも具体的な関心としてエキサイティングだったのがゾーンのコントロールの部分だった。ゾーンというのはプロスポーツなんかで注目されるようになったあの「ゾーン」で一定の分野に通じた人、多くはプロスポーツ選手なんかがある特定の場面で集中力が異様に高まり時間が止まったように感じられる状態、あるいは対戦相手が止まったように感じられる状態のことを指す。その状態に入れば高次のパフォーマンスを発揮できるわけだけどその多くは偶発的に生じるもので自らそれを発動しようと思って発動できるものではない。ジョシュはチェスの大会のときに何度かこの状態を経験しこれを意識的に発動できるように試みることにした。結果的に統制し発動できるようになったそれを彼はソフトゾーンと呼んでいたけど、それはいわゆるゾーンともまた違った高度のパフォーマンス発揮状態なのかなあ、とか。でも、パフォーマンスを高いレベルで発揮できるようになる / それをコントロールできる、ということでは参考になるように思う。


具体的な方法としては複雑な操作過程を半ば無意識に行えるようになるほど繰り返し習熟することで意識リソースが必要な範囲を狭くしていく、というもの。彼はそれを「円を小さくしていく」「より小さな円を描く」として表現している。

これは自分も似たような状態を体験したときに経験したことだなあと納得できる。その上で普段よりもより高い緊張を強いられるような情況に投げ込まれ脳がフル回転することによってゾーンが発生するのだろう。火事場の馬鹿力的に。




なんかさらっと書いてしまったけどこの本自体は表紙も含めて美しく、気持ちの良い読後感がある。才能が目覚める過程への環境 / 周りの人の支え / コーチングなどの部分だと「グッド・ウィル・ハンティング」のうまくいった版なんかを想わせて。

あるいは黙々と巧夫を積み、習熟していくことの探求と喜びに。しずかに透き通っていく感じに







ボビー・フィッシャーを探して [DVD] -
ボビー・フィッシャーを探して [DVD] -



posted by m_um_u at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビューこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック