2007年06月02日

広島の地域活性化について (都市と交通(3))

 最近チョコチョコお邪魔しているらっちさんのところ経由でこちらのblogを見てめっけもの。



ぶらぶら広島ウォッチング




 食べ物についてはシャオヘイさんとこの掲示板とかこの辺とか参考にすればよいのだけれど・・


広島グルメ!安くておいしい店

Cafe Blog

ラヴィッツ広島〜広島発!女性のためのポータルサイト

Get Hiroshima:Restaurants



 政治、というか街づくり系のblogってなかなか見つからないので。こちらとかあるんだけど


大好きです。ひろしま・ヒロシマ・広島


 ちょっと秋葉色が強いなぁ、と思っててもうちょっと物足りない感じがしてた。



 なので今回見つけたblogはありがたい・・・・のだけれど、休止されてるのね(残念)。まぁ、そんなに書きたくない時期もあるでしょうからゆっくりとされるのがよいのではないでしょうか。


 とりあえず、目にとまったエントリとしては以下


ぶらぶら広島ウォッチング 駅前Cブロック発表前に

 新球場建設に代表される駅前再開発によって交通のハブとしての性格をもつ駅が集客の中心となる可能性(札幌化)についてのエントリ。

 中心地は税金対策なシャッター街となるのか? (こんな感じの)


[R30]: 郊外出店規制じゃなくて、中心市街地商店廃業強化が必要じゃね?


(つづき↓)


[R30]: 拝啓FT様 サービス業の生産性について




 んで、当blogとしては「都市と交通」シリーズに続くわけだけど・・


muse-A-muse 2nd: 地方の交通問題に関して(+地域活性化について少し)

muse-A-muse 2nd: (地方と)「東京」から考える


 エントリ要約してると話がぶれるので興味をもたれた方は各自確認してみてください m(_ _)m


 それで件のエントリに戻るけど。

 「再開発で駅前に集客が集中すると中心地の人並みが減るのでは?」ということなんですが、それならそれでも良いのではないでしょうか? 別に全体のパイが減るわけではなく、移動するということのようだし。中心地の商店街としては問題だけど、それならそれで新しい対策(集客の目玉)を考えるとか。もしくはアクセスを容易にするとかの工夫をすべきですよね。

 たとえば高速バスの導線とか、駐車料金を安くするとかなんとかならないのだろうか。



 そういやmoenoさんとこのインタビューでもシャッター街の有効利用についての案って出てましたね(レンタルスペースとか)


吉田亜里子さんと電話をした。|萌えぼえ。


 こんな感じであいたスペースにはあいたスペースなりの有効利用法があって、そういう利用法をすることで次の消費に結びつく可能性が生まれる(・・かもしれない)。たとえば、レンタルスペースでダラっと会話してるときに軽い消費を楽しむとか。それは「軽い消費」ということで太い線には繋がらないかもしれないけど、やらないよりはやったほうがマシなんじゃないでしょうか?

 ってか、その店舗(あるいはその周辺)単体ではツルが細いかもしれないけど、集客(アクセス)を集めることによって次の可能性が生まれるわけです。そういうわけで商店街全体にとっては利益になるかもしれない。

 ってことは単体の利益で考えるのではなく、全体の利益で考えるべきなんだけど、レンタルスペースとかの役目を負わされる店舗は嫌がるかもしれないなぁ。。。んじゃ、共済・供託みたいな感じでなんとかならないんすかね?

(まぁ、その辺のところはこの辺にもチラっと書いたわけですが)

muse-A-muse 2nd: 珈琲は「もう一杯」?




 ってか、駅前再開発に伴う流れとしては2つが考えられる、と


 ひとつは本通ヒルズに代表されるような目玉なショッピングモール(ビル)を構築することによって、中高年層の太い消費のツルを中心地の商店街に引き戻すこと


ぶらぶら広島ウォッチング 広島の中心繁華街


 多山文具と渡部陶苑の2つの老舗(?)の決断って感じ。


 それとは別に駅前の流れとしては、南口再開発の余波で北口周辺も商業地化する可能性がある、と。具体的には、「二葉の里が開発されるかも」、ってことですね。


ぶらぶら広島ウォッチング 広島県の中心地?



 二葉の里の立地はJRの買い上げ地との隣接ってことで、以前に出てきた「鉄道会社と駅周辺モール収益」(A列車コンボ)が使えそうで面白そうですね。


僻地の交通云々


 ってことはJRがお金出してくれるのかなぁ。。んで、また広電とか絡んできてグダグダになるんだろうか・・。


 でも、「この辺のコンボはないっぽいよ」、ってbrother-Tさんが言ってたな。(そういや大阪センセのとこに伺ってないな。。交通系のテコ入れと同時に行くかも)


 
 で、「現在の中心街(本通)」と「ポスト中心地(駅前)」の繁栄の鍵を握るのが「交通」ってことなんですよね。本通の繁栄の鍵としては高速バスが使えるかもしれない。


ぶらぶら広島ウォッチング 広島高速
 

 いわゆる「中国地方の州都広島」計画の中心的課題でもあるわけだけど。高速交通網の整備によってアクセスが容易化すれば、その可能性もあるのかもしれませんね。あとは目的地そのものの魅力にもよるだろうけど。

 平和公園とかはまぁ、観光地として当たり前だけど、お好み村の前(ヤマダ電機の辺)にも修学旅行なバスが停まるのをよく見かけます。で、そこからお好み村に直行したり、中学生なんかは自由行動になったりするみたい。

 そういうの見てると「バス ⇒ 中心街」な導線も考えられるように思うのですが、安易なんですかね?

 ってか、現在の状況でも中心地にバスが停めれるところがない、ってのはちょっと問題のような気がします。言わずもがなだけどバスってのは団体なわけだし、ダイヤモンドシティもそれを考えて無料送迎バスを作ったわけですしね。

 この辺は・・・どこかの英断を待つしかないのか・・。(ってか、バスのスペースって言うとどのぐらい必要になるんだろう。。)


 関連で、アルパーク(郊外型ショッピングモール)には他県からの集客がけっこうある、って話を聞いたことがあります。草津の例のでっかい道路が他県にそのまま繋がっていて便利がいい、んだとか。あと、でっかい駐車場もあるし。車に乗る人にとっては県内で遠出するのも隣の県に行くのも似たようなものなのかも。


 で、隣接する県を一つのまとまりとしてとらえる「道・州」みたいな考え方が出てくるわけですが


ぶらぶら広島ウォッチング 縮小社会と中四国の展望


 ここで議題にあがっているように「四国と広島の中間の岡山が便利」で「岡山が州都になりそう」ってならそれでいいんじゃないでしょうか? ぼくが鈍いだけなのかもしれないけど、特に「州都」とかのこだわりはありません。

 考えられるのは、「常時来る人の数が減ることで消費が減る」、ってことなんでしょうけど、この「常時」ってところを「暫時」に変えれないかなぁ、とか思うわけです。「アクセスの容易化」によって。

 上述したようにアクセスを容易化するだけでは集客は望めなくて、なんらかの目玉が必要だろうけど、それと同じぐらい導線の整備という課題は重要だと思います。 血管みたいなものだし

 この辺は「リソースの最適配分」みたいな知見が必要になってくるのかなぁ。。だとすると交通経済学とかネットワーク経済学系? (←自分的課題ですが)。あと、消費行動に経路依存性が関連してくるみたいなので貿易経済学なんかかなぁ。

(※経路依存性…海外貿易なんかで、近隣で機能的に勝っている都市よりも従来使っていた都市を中継地点と使う傾向のこと。「惰性」ともいえるけど、「使い慣れた都市」っていう便益が働くので。同様のものとしてケータイの機種変更厭う心境(スイッチングコスト)がある。こっちの場合、「経路依存性」のことを「ロックイン」とか言ったりするけど似たようなもの)



 経路依存性絡みだと、福山の鞆の浦なんか思い浮かびます。あそこは大陸の貿易における中継点(ハブポイント)の一つとして栄えたわけだけど、いまは衰退してますよね。昔は貿易の中心地のひとつだったのにってことでやっぱり交通と商業ってのが絡んでくるのかなぁ、とか思ったり。「州都」的な計画によってハイウェイみたいなのができると活性化の可能性はある(・・のかなぁ)。



 あと、地場産業の開発に関してはこの辺かな、と


[R30]: 書評『超地域密着マーケティングのススメ』







 そういうのとは別に「縮小社会論」というのは資源のリストラということで、この辺とか


muse-A-muse 2nd: 資源最適化としての格差社会と社会保障に関して


 もしくは「最小国家論」(cf.ノージック)と結びついた政治的課題になりそうなんですが、これはまぁ、まだ課題っていうか試験的に書いてあるのはあるけど未熟だなぁ、ってことでこちらにエントリーするかどうかは分かりません。






 まぁ、そんなこんなで (再見!)




--
関連:
ぶらぶら広島ウォッチング 広島都市圏の年表 No.2

※2018年ぐらいまでの公共政策の予定(ロードマップ)ということで便利げ

 
 


posted by m_um_u at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。