2016年01月12日

イケダ屋事変と村の終わり





夜の形のまま
僕の村は暮れる


村長は昔の想ひ出を繰り返へすやうに
彼の窓をひらく

光がその窓から流れる外側に
僕が昔のやうにゐる

村長の手のヒラは人生を思った



「道になら赤い花が咲いてゐる
咲いてゐる道が長いほど
お寺がこの村にもある」

鍋や花が僕の唇を濡らすなら
「僕は黙らねばなるまい」とも思ふ

あの日 僕の語った言葉は
遠い村民の唄にもなってゐた

唄は夜の形ではない

「樹を枯らしてはならん」

こんな形かもしれない


だから村長の手のヒラは人生を思った















基本的に自分のblogはお勉強blog的なもので他人様のあり方をあーだこーだいったりしてクネクネというのは禁じ手にしてるのだけど、まあたまにはいいかいま読んでた本の内容にもリンクするし、ということで。


ついったのTLでシロクマさんがれぽんを確認的に型にはめにいっていて(´・ω`・)すわ、一悶着か?とれぽんのTLをみにいってみるに「このまま不用意になんかゆってもシロクマに型にはめられるだけでめんどくさそう」ということでガンスルーぽかった。


http://b.hatena.ne.jp/repon/20160111#bookmark-276120130

長いです。 ついさっき、イケダハヤトって人について書いた記事を読んでた..
http://anond.hatelabo.jp/20160110131135

某プロブロガーを擁護する。 - Everything you've ever Dreamed
http://delete-all.hatenablog.com/entry/2016/01/11/190319

コンビニ店長、私はあなたとブログ交流を続けたかった。しかし、それは難しいのようですね。 - シロクマの屑籠
http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20160111/1452503553



イケダハヤトというひとがはてな民(特に村民周辺?)とか、あるいは切込隊長とかのネット民の周りで不評なのはなんとなく垣間見ていて、でも、イケダハヤトというひとについてそんなに詳しく知らない / そんなに掘り下げる気もないので「よくいる情報商材的な人かな?東京の駅前のカフェとかで若者引っ掛けようとする類の」みたいな印象で、自分としては特に積極的に見る気もなく、たまに話題に登ったときにチラ見しにいって、結果的にやっぱりがっかりしたので「まあやっぱそんなもんだよね」ぐらいだったのだけど、界隈の人たちにとっては相変わらずホット?な話題ぽく、わざわざ見に行ったり、あるいは、彼のぶちあげたタイトルだけ見ていらっと来てるらしい。

「いや、嫌なら見なきゃいいじゃんどうせがっかりして腐すだけだろうし特におべんきょーになるとこもないのだろうから」とおもうのだけど、たぶん界隈の人たちは元から腐すための相手を探しているのか、もしくは、なんか彼に気になるところ、彼らのなかで気になるポイントがあるので見に行ってしまうのかもしれない。たとえば彼の「ネットだけで食べていけるよー☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ」みたいなのとか。

アフィリエイトとかネットで、あるいはブログで稼ぐとかいうの。自分的には「まあ、それも収入の一つにできれば楽だよねえ(ヽ´ω`)…」ぐらいのスタンスだし、ぶくまで様子見てるとphaなんかもそんな感じかなあ、とか。まあイケダさんに直接興味もってるってわけではなく「生計の一つとしてこういうのが有効ならいいなあ」てぐらいでそれはアフィリエイトへの関心と同じだろうけど。そういやはてな界隈だとphaは好意的に受け取られてるように思うけど、phaがアフィリエイトについて語ったり関心をもっても特にアフィ厨とか、イケダハヤトさんへの嫌悪みたいなのと同様のものはもたれないのだろうか。だとするとその違いはどこなのかなあとかちょっと想ったりしつつ話題がそれたので戻ると。

「ネットだけで」てとこだとたしかに情報商材ぽいし、よしんばイケダハヤトというひとがほんとにそれだけで成功?だかなんだかしてとりあえず食べれてるとしても、それは万人に通じるものでもなく彼固有の基盤や背景があったからなせたことなのだろうから一般論でもないのだろうなあ、ぐらいにおもってる。よくある似非ビジネス本というか、経営者の成功本みたいなあれで。成功した経営者が自身の成功事例を語るのだけど、それが学術的にきちんとした分析になってなくて、基本的な背景部分を語ってないので万人に通じない、たんなるえっしゃえっしゃな自慢話になりがちなのと同じように。ちなみに「えっしゃえっしゃ」というのは田中角栄的な笑い声の表現であってessaさんとかは関係ないです。

よく知らないけどイケダハヤトという人の場合は、彼の路線がうまく回るまえに大企業だかなんだかでうまくコネクションや下地ができていて、それがあったのでうまくいったのかなあ、て印象がある。恋愛工学のひとも似た感じ。あるいはは○ちゅうとかも。

見に行っても自分的には内容がないのだけど、彼らが注目をあつめるのはそういう演出や技術に長けてるからなのかなあ、みたいなのは思う。

彼や彼女たち、あるいは、ITバブルみたいなのでウェイウェイいってる / ネットがあればなんでもできるよ☆みたいな東京キラキラ系のひとたちは世界が違うのだろうなあ、みたいな。


ちょっと言語化しにくいけど。彼や彼女たちがうまいこといったのは文化資本とか社会関係資本とか、そういう言葉でなんとなく仮置きされてる、個人の能力だけでは説明できないような環境的な豊かさが背景にあって、それを彼や彼女たちは偶然掴んだけどほぼ無自覚なのでその背景を度外視して語り勝ちになるのだろうな、ぐらい。まあそういうと彼らは「そういうのをつかめたのもぼくらの努力やもってうまれた才能があったからだ」みたいなこといって「いやいやいや、、」ってなるから堂々巡りなんだけど。




まあ、そこを批判したりやっかみしたりするのでもなく、自分としては「そういうものだ」「世界が違う」ぐらいに落ち着いてるのだけど。そして、特に見ない。得るものがなくイラッと来るだけなので。

まあなので自分もイラッと来るのは来るんだなそういう人たちに。




そういう「彼らは内容や実力はないけど売れる」「うまいことお金をもらえる」「世界が違う」ということについて、コンビニ店長(とはてな界隈で呼ばれる人?)がうまいこと表現してた。

俺が売ってるものは食い物がメインです。食い物は、払った金のぶんだけはなんらかの満足を客に与えなきゃいけない。そうでないと売れない。食い物の第一の機能は「食ったら腹埋まる」ということですが、ほかにも甘くておいしいだとか、レアだとかまあいろいろあります。ごく大雑把にいうと、普及価格の食い物に関しては「おいしい」と「腹埋まる」がメインの機能で、ほかのものは付加価値だと思ってます。
しかし実際に売れる商品ってのは付加価値で売れるんですよな。パッケージがいい、CMが大量投下されてる、見た目より重い、いままでに見たことがない、など。まあリピート以外の要因では、食ったことがない状態から買うんだからあたりまえの話ではありますが。
で、イケダハヤトっていう人は、この付加価値の部分を極大化させた人だと思うのです。あらかじめ言っておきますが、いいとか悪いとかの話はしてないです。そもそも俺はブログってものを「文章をのっけるためのメディア」としか考えてません。俺にとってそうだからそうだ、というだけの話で、この段階で、そうは把握していない人を批判する資格と能力がありません。
ただ、人目に触れるなんらかのメディアである以上、その本分は「おもしろい」か「役に立つ」だと思ってます。おもしろいってのはなんでもいいです。単純に笑えてもいいし、罵倒芸でもいいし、人の生の一断面があらわれてるようなものでもいいし。そして、それ以外の部分はすべて付加価値です。



まあこういった小売で内容-材料-サービスやモノの本質的なとこ以外の「売れる」周辺要素を「付加価値」という言葉で表し通じる現状があるので。

自分的にはそれは付加価値≒演出、というだけではなく、その前段階の「売れるに至るまでの背景」みたいなのがあったからだとおもうけど。




イケダハヤトさん、あるいはそれ系のひとについてはそのぐらいで終わり。


あとはれぽんがルサンチマン吹き出してたのが気になった。
https://twitter.com/repon/status/682558082505768960
https://twitter.com/repon/status/682557619857305604
https://twitter.com/repon/status/682555943037480962
https://twitter.com/repon/status/682529483346214916
https://twitter.com/repon/status/682426232026206208
https://twitter.com/repon/status/682425624502243328
https://twitter.com/repon/status/682169813058240512
https://twitter.com/repon/status/682167469750894592


また「奴隷」とか「他人を食い物」とかドロドロした言葉使ってんなあ、、とか思いつつ。まあ彼の場合は実際にそういう人たちに関わって利用されてた経緯があるし、その傷がなかなか癒えない / 家族との暮らしの現状でもそれが続いてるというのもあるのだろうからその日常のストレスがどす黒くヘドロのように貯まってるのだろうなあとか思うのだけど。あと、そういうので吐いた恨み節が彼がネットで注目された経緯 → 持ち味的になってるというのもあるし。



コンビニ店長とかフミコフミオさんには好意を持ちつつシロクマさんはくさしたのもそういう経緯・背景からだったのかなあとか邪推する。


最近のシロクマさんは特に落ち着いてプチブル()感漂わせてるし、そういうのが「安全圏からなんかいってやがる」的に癇に障ったのかなあ + オレのてんちょーを語るな、的な。


つか、れぽんの言ってたのはちょうど読んでたカイエ・ソバージュ3に繋がるなあとか思った。


愛と経済のロゴス カイエ・ソバージュ(3) (講談社選書メチエ) -
愛と経済のロゴス カイエ・ソバージュ(3) (講談社選書メチエ) -


「富の奪い合いが人類の類的本質。人間性とは同類への攻撃性」とかれぽんはゆってて、実際彼はそういう闇金ウシジマくん的な世界で生きてきたのだろうし、現在もそういうところにいるのかもだからそういう風におもって当然 / そう思うことでやっていけるというのもあるのかなと思うのだけど。


中沢新一ほか贈与経済に希望を見出した系のひとたちというのは「それは人間の本質というか資本主義型経済が中心になってる現在の不備であり、人類が未完の結果だ」ということになるのかなあ、とか。


れぽん的には「資本主義が現状な現在、けっきょく資本をもってそれを投資サイクルしていったものの勝ちであり、貧乏人がその波にのるためにはどっかの段階でギャンブルせざるを得ない。貴族なやつらは貧乏人のそういう場面での不安と勇気を理解しようとしない」ってカイジ的なマインドにあるのかなてとこなのだけど。「サバイブな現状的にはそういうのもあるよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー」とか思いつつ、抽象度をあげると「経済とか交換、あるいは贈与というのはなんか神秘的な運動で、そういうところに人類は愛を求める」みたいな中沢のいうこともなんとなくわかるようなわからないような。

ベタには貨幣経済で価値が平均的に裁断 → マトリクスされた交換関係の中で、人の生が物象化されて疎外されていく → なんだか味気なくなる、てあれで、そういうときに「お金だけじゃないもっとあったかいつながりのようなもの」を求める気持ちがあるのもわかる。

まあそういうこというと、あるいはそれだけで語ろうとすると( `д´) ケッ!ブルジョア安楽椅子の貴族主義が平和ボケしやがって、てことにはなるだろうけど。



「愛」という言葉がなんか漠然と範囲が広いのだったら承認欲求という言葉ではてな界隈で広まってるああいうのでもいい。まああれが「愛」ってことでもなく「愛」的なものの一部だろうけど。


ちなみに承認欲求という言葉で通じてるあのへんの定義がいかに曖昧で漠然としたものかは以前についったで愚痴ったのだけどめんどくさいのでここではまとめなおさない。まあ興味あるならこのへんみればいいとおもう。
http://twilog.org/m_um_u/date-151123

あるいは

http://twilog.org/m_um_u

を「承認欲求」で検索

http://bit.ly/1RIGe7s



そういう虚栄と欲望、あるいはそこからの嫉妬の混ざった複雑な気持ちがあのへんなのかなあとか。


けっきょくはてな村というのはかのせさんとかシロクマさんとかが「承認欲求」という言葉を中心につくっていった、あるいはなんとなく界隈していったあのへんで、であるなら、承認欲求という言葉が上記twのような理由で解体されたとき、ほんとに「村」は相対化され解体されたのだろうなとか自分的に思った。


そしてふたたびはてな村奇譚とかを眺めるのだ



はてな村奇譚上 -
はてな村奇譚上 -



そいやはてな村奇譚もアマゾンプライム無料なキンドル本の対象になってたのだけど、それは1月に一冊、クラウド的に読めるというだけのようでこれをダウンロードした後にゲンロンも無料対象になってたので落とそうとしたら「一度に一冊で同時に二冊は出来ません」とか表示されてしまった(´・ω・`)


ゲンロン1 現代日本の批評 -
ゲンロン1 現代日本の批評 -


まあけっきょくこっちに張り替えたのだけど。


このぐらいの感じでこのぐらいの本とか雑誌が読めてくと楽だなあとかおもって現代思想やらそのへんのも対象にならないかなあとか思うのだけど特になかった。こういうの自主的にできるならレトリカとかもさっさとやっとけ(←八つ当たり








posted by m_um_u at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック