2015年12月30日

fireタブレットとfireTVstickを買った


少しまえにfireタブレットとfireTVstickを買った。自分への(クリスマス)プレゼントとして。クリスマスまでのプライム会員加入煽りセールでfireタブレットはお試し中プライム会員なら4000円キャッシュバック、fireTVstickはそういうの関係なく1000円割引だったので。




Fire タブレット 8GB、ブラック -
Fire タブレット 8GB、ブラック -

Fire TV Stick -
Fire TV Stick -


セール対象としてKindleもかかってたのでkindleにしようかどうしようかちょっと迷ったけどけっきょくfireタブレットにした


Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー -
Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー -


もともとこういうのを購入しようと思った動機はhontoなんかでちょこちょこkindle対象にしたセールをやっていて、それがみょーにお得 / 中古本より安い、ということからだった。それでちょっと見てみたらAmazonだとkindle対象の本は毎月一冊無料になるらしいのでそれもいいなと思って。図書館で本を借りるのを常態にしてるのだけど、新しく出た本、特に新書なんかはリクエストをしてもなかなか図書館が入れてくれないので。それだったら買おうかというとこでもあるんだけど、だいたいの新書は購入するほどの価値が有るものでもなく雑誌の特集に毛が生えた程度のものだし。なので「一ヶ月に一冊新書が無料でゲットできるならちょうどいいかなあ。。」というのもあった。結果的に無料対象本はAmazonが決めてる範囲のものに限られていて自分で自由に選択できるわけでもなかったのだけど。まあとりあえず新刊と極安中古の間に「いきなり新中古よりちょっと安い」な選択肢が出来たのは良い。書籍の形をしていても特に書棚に置く必要を感じないようなものもけっこうあるし、そういうのをkindleで購入できるのは棚がかさばらなくて良い。


もうひとつの動機は少しまえに始まったアマゾンプライムの無料対象動画が思ったより充実してきてるというのをついったーのTLでみて気になったから。それでチェックしにいってみたら確かにけっこうな映画が見られるようになっていた。特に邦画が。洋画は吹き替えではなくだいたい字幕なので自分的には見にくい。

自分はTSUTAYAのT-SITEを通じて「よくつかう店舗」登録をしてるので准新作はセールの時なら108円で借りられるのだけどプライムビデオがこんな調子だとだいたいの旧作はわざわざ借りなくてもいいかなあ、とか。まあその中でも無料対象として載ってない奴はTSUTAYAいったほうが早いだろうけど。Gyaoなんかでも無料映画でけっこう出てるのでそれも含めると「気になってた邦画」が無料状態でこういったところに積みコンになってるということになる。感覚的には自分の気になるコンテンツも含めてクラウド化されてる感じ。なので、そういった積みコンを消化するのを優先すればわざわざお金を払ってまで見る必要があるものの優先順位が下がっていく。あるいは「これは無料化もされずDVD化もあやしいので映画館でみとけ」って一回性がそこであらためて効いてきたり。

話は少しそれるけど自分は映画館があまり得意ではなく、特に大きなスクリーンで見る意義も感じないタイプなので、できれば映画なんかも家で見たい。なので、映画館で新作映画を1800円も払って見る意義をあまり感じない / むしろ苦行なので、映画館に行くときはさっきいったような動機、いま見とかないとDVD化 → レンタルもされないかもだしなあ。。が誘因となってる。特にみなさんが話題にしてるからといって興味がそそられるということもないし。。それが一時の流行ではなく、本当に内容を伴った名作なのであれば、時機が違っても見ることによってきちんとした満足感をもたらすはずだろうから特に「いま話題の映画」「いま話題のコンテンツ」を追っかける必要性を感じない。あるいは「いま話題の話題」も。


閑話休題


そういった形でアマゾンプライムほかに無料コンテンツが積まれててまた積みコンが増えて気持ち的に忙しくなってる。まあそんなに急がなくても消えるわけでもないのだけど、Gyaoなんかでは期間限定で無料配信してたりもするのでそういうのはちょっと焦る。


てか、


動画とかよりも実際の生活の中でおおきくQOL変わったと思えるのは音楽で、アマゾンプライムミュージックのプレイリストをfireTVstickを通じてテレビで聴けるようになったのが自分的には地味に大きい。

いままではPCを立ち上げ、Amazonミュージックのアプリを立ち上げ、しばらくして聴く、っていう起動するまでけっこうな時間がかかってたのだけど、TVを通じてなのでわりとすぐにプレイリストを再生できるようになった。うちのテレビはレグザなのでクイックボタンでタイマー機能もあるので寝る時につけっぱでタイマー設定しとけば切れるってのもあるし。あと、うちのボロPC環境だと音楽をかけないぶんメモリに負担がかからずに良い。


タブレットの方は現在おもにお風呂に浸かるときにちょっとアニメ見るのに使ってる。

サムライチャンプルーなんか見てなかったのだけど、プライムビデオに出てるのでおっかけでちょこちょこ見てる。アニメは一回につきだいたい20分ちょっとなのでお風呂に入る時間的にもちょうどよい。それ見ながら今までどおりiPhoneからたんぶらでリブログしたり、SmartNewsチェックしたり。


こういうのも慣れてもうちょっとしたらタブレットのKindleにいろいろコンテンツ入れてくのだと思う。まあたぶんマンガがメインかなと思うけど。


書籍系、あるいは漫画系のKindle無料のものもチェックしたけどだいたいがゴミみたいなので、書籍のほうでつかえるものとしたら著作権切れた古典がメインのようだったのでこれだったら青空文庫ビューアみたいなのつかったほうがいいだろう。

あとは無料になってる雑誌とかにちょっと可能性があるかもだけどこの辺は未だチェックしてない。



けっきょくいまのところfireタブレットよりもfireTVstick購入の方がなにげにQOLに効果してるようなんだけど、まあこれもKindleのライブラリが充実してきたら違ってくるかもしれない。あとはおでかけ時のお供・暇つぶしとしてのタブレットとか。




動画としては無料動画にだいたい慣れたり飽きたり消化した頃合いに月額定額で見放題なサービスに登録してみようかと思ってる。HuluとかNetfixとか。あの手の月額1000円未満で見放題みたいなの。

あれも映画のほかに海外番組的なものが見られるといいなと。ドキュメンタリーとか。アメリカのPBS系番組とか。ナショナルジオグラフィック系番組とか。その辺を調べたり実際に無料お試しで使ったりして見定めて登録していくかも。


そいや月額1000円といえばGooglePlayMusicも月額1000円で、当初はその便利さに1000円払って加入したものだったけど、そこで主に聞いていたプレイリストがアマゾンプライムミュージックのプライム無料対象音楽から構成されることに気づいてそっちがメインになった。こっちのほうが軽いし。


それでちょっとまえにGPMのほうは退会したのだけど、ふとBONNIE PINKさん聞きたくなってAmazonミュージックで検索してみたらプライム無料対象になってなくて反映されなく、、んでもGPMだと余裕であったので(´・ω・`)て。まあこのへんも複数登録したりして使い分けなのかなあ、とか。

音楽のストリーミングみたいなのだとアップルも同じようなサービス(Appleミュージック)やってるみたいだけどこっちはまだ試してないのでそのうち試したい。









--
Chromecast 2.0を衝動買いしたけどすごい便利 - 最終防衛ライン3
http://lastline.hatenablog.com/entry/2015/12/15/054348




FIRE TVで4K Netflixと大画面Kindle読書を楽しむ | N-Styles
http://n-styles.com/main/archives/2015/10/30-031900.php



梅が咲いてきた /  J-POPの未来|m_um_u|note
https://note.mu/m_um_u/n/nf2691041a9d5






posted by m_um_u at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック