2007年03月21日

猫の事務所と格差社会

 最近podcastづいている。ふつうに読むとたるいものとか、めんどくさいものでもpodcastの場合はムリヤリというかフローで聞けるので良い。文字データよりも音声データのほうが時間当たりの情報圧縮率も高いし(つまり読み取り時間がかからない)。で、主に古典とか詩とか聞いてるわけだが(もうちょっとしたら英語もやろう)。
 
 宮沢賢治の「猫の事務所」を聞いた。


猫の事務所(@青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/464_19941.html


 んで、これって格差社会の話なんだなぁって思った。格差社会っていうか非正規雇用者へのいじめとか職場いじめの話。

 事務所には白猫、虎猫、三毛猫、黒猫、竃猫(かまねこ)の5匹の猫がいる。かま猫は寒がりで暖炉(かま)で寝るので「かま猫」。いつも煤だらけ。

 かま猫だけなんか汚いのでいじめられる。いじめられるっていうか「仕事を回してもらえない」などの地味で陰湿ないじめ。 書記長の黒猫は自分の毛の色が黒いのでかま猫の汚れを気にせず、彼を採用したらしいんだけど、なぜか後段では書記長も彼をいじめる(ってか、無視する)。

 んで、まぁ、最後に獅子に怒られるわけだけど。


 いまの時代、こういうのを思想教育で叩き込んでくれるとありがたい。



 青空文庫といえば「著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名」の期限が近い。4月末に集約とのこと。詳しくはうにさんのところで


青空文庫の請願署名に賛同します(@壊れる前に)
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_d959.html



 縁起ものだから動画貼らせて貰おう




















タグ:格差社会
posted by m_um_u at 17:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
こんにちは。昨日トラックバックをいただいたのですが、なぜか表示されていませんでした。疲れた頭で「非表示」ボタンを押してしまったのかなあ。お許しを。
Posted by うに at 2007年03月22日 09:21
あ、いえ、たいしたエントリでもないですし、タイトルも紛らわしかったので。お気にならさらずに
Posted by m_um_u at 2007年03月22日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。