2007年03月08日

「<批評>そのものへ」?

 いま「うたばん」に宇多田ヒカルが出てる。・・なんか健気。というか、そういえばこの子はずっとこんな感じだったな。

 周りにやたら評価する人がいて、「女の子のせつない気持ちよねぇ〜」、みたいなことを言いつつたいした内容のことも言わないので、その影響もあってかウタダにはあまりよい印象がなかったのだけれど、finalventさんとか武田徹さんの評を見てちょっと考えが変わった。


Flavor Of Life 2(@finalventの日記)
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20070301/1172710096
 
Flavor Of Life 3(@finalventの日記)
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20070301/1172747306

Flavor Of Life 宇多田ヒカル 歌詞情報 - goo 音楽


誰かの願いが叶うころ(@武田徹オンライン日記)
http://162.teacup.com/sinopy/bbs?M=ORM&CID=602&BD=2&CH=5

誰かの願いが叶うころ 宇多田ヒカル 歌詞情報 - goo 音楽



 家庭環境、というか美空ひばり的事情なわけだけど、あの空元気というのはそういうのもあって、ということだったのだろうか・・。

 tokyo mangoに高校時代の彼女についてのエピソードがチラッと出ていた。

In my brother's high school yearbook, she wrote: "Your sister is so pretty!" I will never forget that.


 普通にいい奴っぽい。ってか、いろんなところに気を使う子なんだろう。そういうのが見抜けなかったのは・・・・オレの批評能力不足・・?



 言い訳をさせてもらうと、冒頭にも書いたように見る気がないので見ていなかったわけだが・・まぁ、いい訳だわなぁ・・。

 関連でちょっと思うのはこういうのって批評と言えるのかなぁ、ってこと。某所で書いたメディアリテラシーの話でもちょこっと言ったんだけど、テクストを取り巻く環境からテクストの価値を取り上げる以外に批評の方法ってないのかなぁ、と。

 ちょっと分かりにくいのでもうちょっと説明すると、批評が学術的な方法論として確立したものであるとすると、その方法そのもので対象を分析できないと方法論としてびみょーな感じがする。だって、ともすると重要なのはテクストそのものではなく周辺情報ということにも成りかねないので。でも、およそ多くの批評行為というのはテクストそのものではなくテクストを取り巻く環境あるいはそれに関連したテクストとの関係(間テクスト性)を加味して批評というものを完成させているように思う。

 メディアリテラシーの話に戻ると、メディアリテラシーという方法そのものでは対象へのアプローチはひどく貧弱なものになってしまっている。具体的に言うと、「メディアのテクスト(番組・新聞記事)などはある偏向(コマーシャリズムみたいなの)にそって作られたものだから信じちゃダメだぞ〜?」ってフレームを最初に設定して、そのフレームに沿って論を展開していくんだけど、これがひどく幼稚なテクスト批判としてしか成立しないことがしばしばあるように思う。

 で、一般の人からは「メディアリテラシー=メディアに文句を言う視点」みたいに誤解され、その言葉が誤用されているようなのだが・・。

 理論的に言うと、カナダ(オンタリオ)-アメリカから移入したメディアリテラシー教育セットのバックボーンとしてはマルクス主義の影響を受けた批判理論1〜2期(アドルノ〜ハーバーマスぐらい)を軸にしたメディア産業批判が当たると思うんだけど、これって端的に言うとステレオタイプ的なPTA的視点なんだよね。なのでガミガミ言うだけでそれほど有効性がないというか、あまり満足感がないと思う。

 日本に移入した流れとしては立命館(鈴木みどりさん)と東大(水越伸さん)の二つの流れがあったと思うんだけど、一般的なメディアリテラシーイメージはこの本によって決したように思う。



メディア・リテラシー―世界の現場から
菅谷 明子
岩波書店 (2000/08)
売り上げランキング: 70980



 安いし分かりやすいので。



 んで、さっき言ったようなステレオタイプ的イメージが広がったように思うんだけど・・・これってどうなのかなぁ・・。(蔓延するエセメディアリテラシー)

 それでいいならいいけど、あれってほんとのメディアリテラシーではないしなぁ・・。


 カナダ・アメリカのメディアリテラシー教育セットがスポイルされてその本来の可能性を失ったのに対して、同時期にイギリスのほうで起こっていたメディアリテラシーというのは元々、cultural studies(通称:カルスタ)の効果研究の分野(ex.S.ホールのエンコーディング/ディコーディングモデル)を分かりやすくデフォルメ化したものだったように思う。エンコーディング/ディコーディングモデルの従来の効果論に対しての新規性として。従来の効果論(@アメリカ)が送り手悪者論みたいな感じでメッセージを送るものだけを悪者にして「受け手は無邪気にそれを受け取っちゃダメだよ!」みたいな話の展開をしていたのに対して、エンコーディング/ディコーディングモデルでは送り手/受け手ともに偏向の可能性があることを認め、その偏向はいくつかのコードの組み合わせによって構成されている、としたところだったっけな。で、そのコードというのはそれぞれの人の生きられた環境に依存する、と。



マス・コミュニケーション効果研究の展開
田崎 篤郎 児島 和人
北樹出版 (2003/04)
売り上げランキング: 326668



(103-104)
  マス・コミュニケーションの効果に関する研究において、受け手が属する社会的階級やサブ・カルチャーといった社会的特性の観点からメディア受容過程での解釈の多様性を考えたのは、英国の研究者スチュワート・ホール(Stuart Hall)である。まずホールはマス・コミュニケーション過程でのエンコーディング(記号への変換)とディコーディング(記号の解読)の重要性を指摘する。
 エンコーディングとは、マス・メディアが何らかの事件を報じる際の「意味づけ」過程である。先の例でいえば、デモ隊と警察との衝突を1つの社会的事件として人々に意味あるものとして伝達することである。次にディコーディングとは、そのように「意味あるもの」としてエンコーディングされた情報を、受け手が「解読」する過程である。
 このようなエンコーディング過程とそれに対するディコーディング過程を経て、マス・メディアによって伝達される事件は「意味あるもの」となる。ここで注目すべきことは、テレビという映像メディアの特性として、そこでは報じられるニュースの意味は一義的に決定されるわけではないこと、つまりエンコーディングが一義的でないことに加え、より重要なことは、受け手によるニュースの意味の解釈過程であるディコーディング過程が、それに対応して多様であり、さらにその多様性が階級やサブ・カルチャーといった社会的属性との関係において考えられている点である。

(阿部潔 「批判的「受け手研究」−エンコーディング/ディコーディング・モデルを中心として−」児島和人、田崎篤郎編著 1992 「マス・コミュニケーション効果研究の展開」 北樹出版、pp.101-113)


 図とかはこの辺にある(参照)。


 要するにスキーマとスキーマのぶつかり合いなわけだけど、日本の効果研究においてスキーマという言葉には一定の意味が与えられてしまってるのでびみょーだなぁ・・。(「情報処理アプローチ」)


 まぁ、いいや深入りしないどこう。



 で、本題に帰ると、そんな感じで本来のメディアリテラシーってもうちょっと含蓄のあるもので、一般的に思われているような「ケチつけるだけのお題目」みたいな感じではなく、さらにそこに文学の批評理論におけるテクスト分析の手法からの影響を受けていた((C)吉見俊哉)ということだったと思うんだけど、これってどうなったんだろう?


 テクスト分析の手法を取り入れていたとするとテクストを効果的にほめることもできるような方法だったはずなんだけど、それ系の成果って全然聞かないし。いや単に最近の成果に疎いだけかもしれないんだけど、なんかカルスタって一時期から遊び要素が強くなった感じがするので、あまり研究進んでないのかなぁ、と思って。

 
 んで、さらに今回の冒頭のテーマに帰ると、カルスタの理論が進んでサブカルのテクスト分析とかできるようになってるんだろうか?なってるとすると、その際依拠している文学(批評)理論とかあるのだろうか?

 やっぱイーグルトンとかなのかなぁ・・。日本だと蓮見重彦さんとか思い浮かぶけど、めんどくさそうなんだよなぁ・・。


 前にmeruさんにも聞いたことあるんだけど、びみょーな感じで、絡みすぎて嫌われちゃったしなぁ・・。


 Lさんに聞いてもいいんだけど(Lさん見てる〜?)


 というわけで、毎回すばらしい評論を書いてなんか知ってそうなchikiさんに丸投げTB!



 トラカレで個人的に最近良かったなと思った批評↓


黒沢清監督作品『叫』と継承の限界。
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20070227/p2

「珈琲時光」と歴史性について。
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20040925/p1


 そういや両方とも歴史性ですね



--
関連:
MCSのテクスト分析などのリンク
http://www.aber.ac.uk/media/sections/index.php?cat=Textual+Analysis

具体的にはフィルム理論みたいなのとかあったり(参照)。サイト説明↓

The MCS (pronounced 'mix') site is an award-winning portal or 'meta-index' to internet-based resources useful in the academic study of media and communication. It was originally established by Daniel Chandler in Spring 1995 and is hosted by the University of Wales, Aberystwyth. It is British-based and is intended to give priority to issues of interest to both British scholars in the field and to others who are interested in media in the UK.



綿矢りさ『夢を与える』(@Sound and Fury 2.0)
http://d.hatena.ne.jp/merubook/20070304/p1

※ここでも「歴史の断絶」がテーマになってる




--
追記:
ちょっと分かりにくかったかもしれないのでもう一回論点を確認すると、

(1)(間テクスト性とか使わずに)テクストそのものからテクストのメッセージを読み取る技法はあるか?

(2)それはメディア分析の分野においてあるのか?

(3)メディア分析の分野でないとすると、文学批評などの分野ではあるか?


です。(宜しくお願いします m(_ _)m)




--
追々記(3/9 05:55):

考えてみると間テクスト性でもいいかも。

問題は、批評という行為を通じてテクストの背後にある関係を浮かび上がらせることで、メディアリテラシー(encoding/decoding)的には隠されたコード(もしくはイデオロギーのようなもの)を浮かび上がらせればいいわけだから。んで、「なんか変だな」、と思ったところを別の分析視角(産業論、経営論、政治経済的力関係、マイノリティ的事情)などを用いつつ明らかにしていく。

で、最後に実証でとどめ、と。


つまり批評とかメディアリテラシーというのは「隠された抑圧」を探るダウジングの杖のような役割を果たすと思うんだけど、そういう研究成果は見たことないなぁ・・。



--
追記(2007.3.10.8:15):

アメリカのメディアリテラシーの理論的バックボーンとして批判理論があったかどうかはびみょーでしたね。せいぜいメディア産業論程度だったかもしれない。ってか、アメリカ型の研究は効果研究が主体でこういう理論とか弱いのでテキトーって感じなんですよね。なので理論の背景がはっきりしない(・・って、言い訳ですが)。


あと、おまけ

メディアリテラシーの意味と系譜(@国立教育会館社会教育研修所『情報化に関する学習とネットワーク』)
http://www.nier.go.jp/homepage/syakai/book/tebiki-series/11-jouhouka/11-jouhouka_1-2.htm

ここでもちょっと書かれてるけど、「立命館-FCT」、「東大-メルプロジェクト」な感じで進んでいったけど、最終的に水越派(東大)の勝ち、と。

水越さんの人脈とか出版的事情もあったのかもしれないけど、プロモーションかなぁ、と。

あと、立命館は言っちゃなんだけど、鈴木さんの理解が足らなかったんでしょう(encoding / decodingモデルの)。

流入経路としては、カナダはトロント学派(マクルーハンセンター)、アメリカはオレゴン、イギリスは・・どこかな?中心がよくわかんないけど、MCSには関連リンクあるな(参照)。んで、カナダのテキスト(レン・マスターマンの)を鈴木みどりさんが中心になって取り入れていったんだけど、後から入ってきた水越さんに抜かれちゃったんだよねぇ・・。


イギリス系は見事に捨象されましたとさ(チャンチャン♪)






posted by m_um_u at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人文このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。