2015年09月18日

ガッチャマンクラウズInsight




安保改正法案可決うんたらをめぐって賛成/反対なあれでけっこうかしましい世の中の情況で、それ自体についてついったなんかだと愚痴的に言ってるんだけどブログするのは野暮な感じで、んでもそれと並行するように今季のガッチャマンクラウズがテーマとしてリンクしてるなあとか思って見てる。










「ガッチャマンクラウズInsight」は前作の「ガッチャマンクラウズ」の続編で、簡単に言うと「ガッチャマン」て冠はしてるけどガッチャマンそのものとはあまり関係なく、いちおガッチャマンてことでヒーロー的な能力をもったヒーローが主題な話になってる。

前作では、前半部は主に昨今のヒーローもののテーマ - 描き方を踏襲したヒーローであることの葛藤や内面を描くというものだった。つまり「ヒーローズ」(未見)とか「タイガー・アンド・バニー」的な2000年代ヒーローの描写。そこから出てきた「ヒーローであることはみんな(クラウド)で受け持つ」といったテーマが後半部で、その詳細が今作に継がれている。


ガッチャマンクラウズにはいくつかの歴代ヒーローのステレオタイプ的なものがキャラクターされていて、それぞれのヒーローがそれぞれの時代と世界を守ってきたのだけど、一人のヒーローの力では世界を、あるいは社会を支えきれなくなったところで新時代のヒーロー(ヒロイン)が要請される。それが主人公である一ノ瀬はじめなわけだけど。ほかのヒーローたち(特に清音くんとか)が熱血正義ヒーローしてたのに対してはじめちゃんはそういうものが最初からない。なので「ヒーローの資格がないのではないか?」と疑われていたけど…。


フロム的愛の体現者としの一ノ瀬はじめ ――ガッチャマンクラウズ感想 - メモ帳
http://espresson.hatenablog.com/entry/2015/07/10/204830



ベルクカッツェというのはモロに2ちゃんねる的な悪意の体現で、そういった悪意もはじめちゃんは自分の内部に受容していく。ちなみにベルク・カッツェというのは「ガッチャマンクラウズ」において最初は謎の勢力とされた爾乃美家累(にのみやるい)とX(エックス)の対立軸として設定されたものだった。あるいはその逆にカッツェ的な悪に対抗するための新たなヒーローとしてガッチャマンたちとは独立に組織されたのがにのみやるいとクラウズだった。メタファー的なことをいうと、従来型のヒーロー像というのがひとりの、あるいは少数のカリスマに頼った寡頭政治だとすると、にのみやるいが目指したものはより民主的なガバナンスだった。でも、そこにおける正義をにのみやるい(とエックスというスーパーマシン)が決めるというところで矛盾をはらんでいたわけだけど。ベルク・カッツェというのはそういったヒーローたちが立ち向かうべき課題のメタファーだった。そして「倒すべき敵」≠「根絶すべき敵」とされてきたそれを最終的に新時代のヒロインである一ノ瀬はじめは受容し、自らの内部にとどめていった。そこで倒す/根絶することによって新たな敵が生まれるだけなので。



前作はそういうところでちょっと常人離れしたはじめちゃんに頼りすぎてる感があった。いくら「クラウドで」といっても最終的にははじめちゃんという超人的包容力をもった個性の登場 / 誕生に依らなければならないのでは?、それが前作の課題として残ってたのだと想う。



前作についても今作についても詳しく語ろうとするとメンドクサイので端折るけど


ガッチャマンクラウズ カテゴリーの記事一覧 - メモ帳




前作は最後に「ヒーローであること」「社会を守ること」がICTを通じて「みんなで守る」に接続され、スマホを通じた直接民主制の実験が展開されていた。首相も直ぐにスマホ選挙で選べ、ヒーローへの賛成/反対も同様にスマホ民意で反映される。民意がすぐに社会に反映されていく。ただ、それも非常時だったからというのもあり継続してそのような体制で社会が回るのか?という課題が残った。



今作はそういった課題をもうちょっと詳しくほり込んでいったもののように想う。



クラウド民主主義を全体の課題としつつ、前半部ではにのみやるいとエックスの体制の影の部分のオルタナとしてリズムくんと赤いクラウズの集団が結成(ネットワーク)される。彼らがやってるのは暴力でもって意志を通すやり方で、ここでるいくんのやっていたことが社会主義あるいは共産主義的な夢だったのだなあと逆に気付かされる。リズムくんのほうはその中でもよりラディカル?な暴力を中心とした無政府主義。リズムくんは「人類は暴力を中心としたサルである」と説き、るいくんのような「みんなの善意で」的なやり方を否定する。暴力と一人のカリスマに依る社会の牽引と統制。りずむくんとの対話は、途中でツバサちゃんやサドラの救け(横槍)が入ったものの、それが入らなければけっきょくるいくんの敗北で終わる。そしてリズムくん的な思想はとりあえず保留され、ガバナンスの次のモデルにバトンが受け継がれていく。



サドラとツバサの体制はクラウド型民主主義を宇宙人的特殊能力でより直接的に反映したものとなっていく。そこでは「みんなの思いは良い方向に向かう」「ひとつになれば良い方向に向かう」が基本となるのだけど、結果的にそこでも矛盾が生じることが描かれていく。


ガッチャマンクラウズ インサイト 第10話 「意志を持たず流されるままに暴走する『畜群』に立ち向かう、『貴族』のガッチャマン」 - メモ帳
http://espresson.hatenablog.com/entry/2015/09/13/193945



人間はアリとは違う知能や個性をもった社会性動物なので、「一つになる」「みんな同じでみんないい」というのはマイノリティ的な違った考えを持ってる人たちへの抑圧を生み出していく。いわゆる「空気」的なものとして。あるいは権力。


同じ宇宙人でより凶悪に思えたベルク・カッツェがサドラのことを恐れていたのはそういった善意に装った空気の胡散臭さと力を恐れていたということになる。新興宗教的洗脳のような。


10話ではそういった空気の正体が明かされ、ようやくにして今作のヒロイン?として設定されたツバサちゃんがガッチャマンの力に目覚める。


それまでみんなの善意を信じサドラと行動をともにしていたツバサちゃんが自分とサドラが良かれと思って生み出していたのが「空気」というバケモノだったことに気づき凹んでいた時、いつものようにゆる爺はゆる体操をすすめる。「もっとゆるくなれ  もっと中の物を吐き出せ」というゆる体操の真髄は、特定の言葉や思想、イデオロギーを先行に考えるのではなく、もっとゆるく自由に風を感じてはばたけというメッセージだったのかなあと想わせる。ツバサという名前も、彼女のガッチャマンとしてのギミックもそれを暗示させる。リラックスしてゆるくなってなければ良い風は感じられない。



結果的に「善意」な「空気」に基づいた「みんな」の統治はリセットされ、凍結されていたリズムくん(暴力を中心とした無政府主義、あるいは原始共産主義)な課題がふたたび登場する。




こうやって言語化してキャラの性格と意味付けを再検討していくと、今作でツバサちゃんというキャラをあらたに設定したのはこういった課題に対してどのように作用するのか?いろいろ想像出来て良い。


いまのところは「はじめちゃんというあまりにも一般人離れした菩薩的なキャラよりももう少し等身大の女の子を設定した」「このコも従来のヒーロー / ヒロイン的なものに比べて「自由」な気風がある」というところだけど。





今作を見つつ日本の現状のリアル政治-社会関係を想い、「民主主義におけるマイノリティ的なものはどちらなのか?」「民主主義とは何か?」「その落とし所はどの辺りなのか?」「自分は特定の思想に凝り固まってないか?」とか反省してみるのも良いかも。





GATCHAMAN CROWDS   Blu-ray BOX -
GATCHAMAN CROWDS Blu-ray BOX -

GATCHAMAN CROWDS SPECIAL PRICE EDITION [Blu-ray] -
GATCHAMAN CROWDS SPECIAL PRICE EDITION [Blu-ray] -

「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.1 Blu-ray -
「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.1 Blu-ray -

GATCHAMAN CROWDS   DVD-BOX -
GATCHAMAN CROWDS DVD-BOX -

「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.2 Blu-ray -
「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.2 Blu-ray -


ガッチャマン クラウズ 1期 コンプリート DVD-BOX (全12話, 304分) タツノコプロ アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください] -
ガッチャマン クラウズ 1期 コンプリート DVD-BOX (全12話, 304分) タツノコプロ アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください] -


「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.3 Blu-ray -
「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.3 Blu-ray -


「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.4 Blu-ray -
「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.4 Blu-ray -

【Amazon.co.jp限定】 GATCHAMAN CROWDS insight Vol.1(全巻購入特典:「Blu-ray&DVD 描き下ろしジャケット絵柄オリジナルB2サイズ布ポスター」引換シリアルコード付) -
【Amazon.co.jp限定】 GATCHAMAN CROWDS insight Vol.1(全巻購入特典:「Blu-ray&DVD 描き下ろしジャケット絵柄オリジナルB2サイズ布ポスター」引換シリアルコード付) -



「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.1 DVD -
「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.1 DVD -


「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.2 DVD -
「GATCHAMAN CROWDS insight」Vol.2 DVD -

















posted by m_um_u at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。